小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

伊藤ハム米久HD/4~6月、売上高1965億円

伊藤ハム米久ホールディングスが8月5日に発表した2017年3月期第1四半期の連結決算は、売上高1965億3200万円、営業利益45億2600万円、経常利益51億1600万円、純利益48億1000万円となった。

加工食品事業は、コンビニエンスストア向けのウインナー・フランク類の売上が好調に推移。

調理加工食品においては、ハンバーグ類・チルドピザ並びにコンビニエンスストア向けのワンハンドスナック類やトンカツ・ミートボールなどのデリカ商品の売り上げが大幅に伸長した。

食肉事業は、海外事業が苦戦したが、国内事業については、牛肉は和牛相場が高止まりする中、交雑牛や輸入チルドビーフが好調に推移した。

2017年3月期通期の連結決算は、売上高8300億円、営業利益180億円、経常利益195億円、純利益120億円を見込んでいる。

同社は2016年4月1日設立のため、対前年四半期増減率、対前期増減率は記載していない。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧