メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

サッポロ/「チューハイ99.99」200万ケース突破、販売目標280万ケースに

2018年12月03日商品

サッポロビールは11月29日、「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」の販売数量が2018年11月29日の出荷をもって、年間販売目標の200万ケース(250ml×24本換算)を達成したと発表した。

<サッポロチューハイ99.99>
サッポロチューハイ99.99

これはサッポロビールのRTD史上最速での200万ケース到達となった。

販売好調につき、年間販売目標を当初の4割増となる280万ケース(250ml×24本換算)に上方修正した。

11月13日から新フレーバーのクリアグレープフルーツを通年ラインアップに加え、「研ぎ澄まされたうまさ」という新しい価値をより幅広いお客へ届けるとともに、RTD市場でのブランド確立をさらに目指す。

好調の要因として、同社は、飲み飽きないスムースな飲み口やこれまでにないシンプルでスタイリッシュなパッケージを上げている。

99.99は、純度99.99%の高純度ウォッカを使用した透明感のあるクリアな味わいと、飲み飽きないスムースな飲み口が特長の新しい本格チューハイ。

お客からも「甘くないので飲みやすい」「アルコール9%なのに後味に嫌なアルコール臭が残らない」「食事と合わせやすい」などの声が多数寄せられた。

ターゲットである30~40代の男性を中心にこれまでにないシンプルで洗練されたパッケージが支持を得て、店頭でも「このシンプルなデザインが映える」という声も上がっている。

ブランディングでは、「白と黒」2つのイメージで構成する洗練されたコミュニケーションを採用。

俳優の長谷川博己さんを起用したコミュニケーションでも「研ぎ澄まされたうまさ」をスタイリッシュに表現した。

「洗練された大人のチューハイ」というイメージを定着させたことで、お客の心をつかみ、売上好調につながっていると分析している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方