小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ダイドー/コーヒーの果肉まで使用「ダイドーブレンド うまみブレンド」

ダイドードリンコは2月29日、缶コーヒーのニュースタンダードとして「ダイドーブレンド うまみブレンド」を発売する。

<ダイドーブレンド うまみブレンド>
ダイドーブレンド うまみブレンド

現在の缶コーヒーヘビーユーザー層(40~50代)とは違い、若年層(20~30代)は、カフェチェーンやカウンターコーヒーで様々なコーヒーに接する機会が増えているため、缶コーヒーに求めるニーズが異なる傾向にあると同社では考えている。

その若年層に対して、缶コーヒーに関する調査をしたところ、「コーヒー本来のおいしさが味わえること」、「素材のおいしさが感じられること」、「原料がよいこと」の3点で期待と満足度にギャップが生じていることがわかった。

そこで、今回の新製品は、コーヒーの豆だけでなく、今までのがしていた果肉までまるごと使用。

豆のコクと果肉のほのかな甘みが融合して生まれるコーヒーのうまみを引き出すとともに、香料不使用で、素材本来のおいしさを追求した。

果肉と相性の良い豆を中心にブレンド。浅煎りから深煎りまで幅広く焼き分けることでコーヒーのコクと香りを引き出したという。

パッケージは、洗練された深い青の配色に、赤く熟したコーヒーの果実と豆を印象的にデザインした。

内容量は185g、希望小売価格が115円(税抜)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧