小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

JT/ウィンストン・キャビン・シリーズのパッケージをリニューアル

日本たばこ産業は、味・香りはそのままに、ウィンストン・キャビン・シリーズ全5銘柄のパッケージデザインをリニューアルする。

<ウィンストン・キャビン・シリーズ>
ウィンストン・キャビン・シリーズ

ウィンストンは1954年に米国で誕生し、以来60年余の歴史と伝統をもつブランド。日本国内では、2015年8月には、キャビン、キャスターをウィンストンブランドへ統合し、同年10月よりパッケージデザインを現行デザインへと変更した。

今回、より多くの顧客満足のため、ウィンストン・キャビン・シリーズのデザインを、他のウィンスン銘柄と共通のデザイン体系にリニューアルする。

パッケージのベースカラーの赤色はそのままに、先進的・スタイリッシュなイメージを強く表現するXSモチーフをあしらうことで、ウィンストンブランド共通のデザイン体系へ刷新する。

ウィンストン・キャビン・シリーズの特長である、コクのある喫味と香ばしさを表現したデザインに仕上げた。

また、これまで以上に商品名を呼びやすく、スムーズに選べるよう、ウィンストンブランド24銘柄の名称も変更する。

レギュラー商品16銘柄、11月上旬より順次切り替え、メンソール商品8銘柄、12月上旬より順次切り替える。

レギュラー商品については、パッケージのベースカラーである「レッド」・「ブルー」・「ホワイト」のカラーネームを付与し、味・香りの特長をイメージしてもらいつつ、これまで以上に呼びやすく、選びやすい名称へ変更する。

共通で入れている「XS」を削除。メンソール商品についても、共通で入れていた「XS」を削除し、シンプルに呼べる名称へ変更。

さらに、「ウィンストン・XS・イナズマメンソール・ワン・ボックス」をロングサイズへ変更し、「ウィンストン・イナズマメンソール・ワン・100’s・ボックス」へと名称変更する。

10月下旬より順次切り替える。

<ウィンストン全ライン>
ウィンストン全ライン

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧