小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アサヒ/1970年代の味わいを復刻「バャリース オレンヂクラシック」

アサヒ飲料は10月25日、「バャリース オレンヂクラシック」を発売する。

<バャリース オレンヂクラシック>
バャリース オレンヂクラシック

「バヤリース」ブランドは、1951年に果実飲料の先駆けとして日本に登場し、今年で発売65周年を迎えるロングセラーブランド。

同商品は、「バヤリース」のメインユーザーである30代~50代が若かりし頃、幼い頃に慣れ親しんでいた1970年代の味わいを再現した復刻版「バヤリース」。

味わいはまったりとした甘さとともに、爽やかな果汁の味わいが楽しめる。保存料、人工甘味料は使用していない。

パッケージは、1970年代のデザインを採用。商品名も当時の表記と同じ「バャリース オレンヂ」とすることで、復刻版であることを訴求している。

「バヤリース」ブランドは、「親子三世代で楽しむ家族の時間」とともにあるブランドを目指している。

現行「バヤリース オレンジ」の「すっきり爽やかで甘酸っぱい果汁の味わい」と、限定復刻「バャリース オレンヂクラシック」の「優しく口の中に広がる、まったりとした甘さ」を比べながら楽しめる。

内容量は430ml、希望小売価格が140円(税別)。

「バヤリース」ブランド年間販売目標は1350万箱。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧