小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

山崎製パン/脂肪や糖の吸収を穏やかにする機能性表示食品「煎茶」

山崎製パンは4月4日、難消化性デキストリンを配合した機能性表示食品の「煎茶」を発売する。

<山崎製パンの機能性表示食品の煎茶>

製品1本当たりに5gの難消化性デキストリン(食物繊維として)を含んでいる。難消化性デキストリンは、食事から摂取した脂肪の吸収をおだやかにする機能があること、糖の吸収をおだやかにする機能があることが報告されている。おなかの調子を整える機能があることも報告されている。

緑茶の甘みに香ばしい香りを加え、スッキリとした後味に仕上げた。食事の際に、1本(500ml)、1日1回を目安に飲む。

内容量は500ml。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧