小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

味の素冷凍食品/完熟マンゴーを急速冷凍「九龍マンゴー」

味の素冷凍食品は6月3日、「九龍マンゴー」を発売する。

<九龍マンゴー>

同社調べによると、体によく、ヘルシーなイメージがあるフルーツは、女性を中心にいつでも好きなときに食べたいという強いニーズがあるが、生鮮フルーツは「カットをするのが面倒」、「買っても食べきれずに余らせてしまう」といった悩みがあることがわかった。

原料のベトナム産カッチュー種マンゴーは、メコン川河口に広がる、豊富な雨と灼熱の太陽の恵みを
受けたフルーツの天国と呼ばれる肥沃な土壌で育成されている。濃密な甘さと芳醇な香り、なめらかな食感が特長のマンゴー。

メコン川をベトナム語で瀧九龍(ソン・クー・ロン)と呼ぶことから、同製品を「九龍マンゴー」と名付けた。

もっともおいしくなる旬の時期に収穫し、品質のよいものだけを選び、同社の独自技術により丁寧に追熟させたマンゴーの中から、さらに糖度が高いものだけを選別し急速凍結しているので、とろけるような完熟マンゴーのおいしさをいつでもそのまま楽しめるという。

パッケージは、マンゴー本来のトロピカルで爽やかなイメージに加え、同製品ならではの価値である完熟ならではのおいしさが伝わり、ターゲットの女性にデザートとして手に取ってもらえるようなデザインを採用した。裏面では、アレンジレシピを掲載し、新しい食べ方を紹介している。

内容量は150g、

冷凍フルーツは利用機会が増えており、市場規模は2012年から2015年までの4年間で123%と拡大している。なかでも冷凍マンゴーは、朝食のほか、間食や夜食などにデザート感覚で食べられる機会も多く、冷凍食品ならではの価値が受容されたことで、その市場規模は同期比208%と大きく拡大している(2017年同社調べ)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧