流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





消費者庁/機能性表示食品にファンケル「GABA」

2016年04月14日 15:40 / 行政

消費者庁は4月14日、ファンケル「GABA」など5点の機能性表示食品の届け出を受理した、と発表した。

ファンケル「ギャバ」は、γ-アミノ酪酸(GABA)が含まれます。γ-アミノ酪酸は、健康な人の一時的な精神的ストレスの緩和や、血圧が高めの人の血圧を下げる機能が報告されている。

備前化成「ギャバリック」は、GABAが含まれている。GABAには、デスクワークなどによる一時的な精神的ストレスを緩和する機能があることが報告されている。

世田谷自然食品「ブルーベリーS」は、ビルベリー由来アントシアニンが含まれる。ビルベリー由来アントシアニンはピント調節力を改善することで、眼の疲労感を軽減する機能があることが報告されている。

ポッカサッポロフード&ビバレッジ「FREE Tea」は、GABAが含まれている。GABAには、デスクワークに伴う一時的な精神的ストレスを緩和する機能があることが報告されている。

東洋新薬「花のめぐみ」は、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれる。葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されている。

関連記事

関連カテゴリー

行政 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧