小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ダイエー、光洋/初の合同セール「総力祭」169店で開催

販促/2020年02月27日

ダイエーと光洋は3月1日~3日、初の合同セール「総力祭」を開催する。両社共通で展開する最大14品目のほか、お買い得商品を多数展開する。

実施店舗は、近畿地域のダイエー(105店)と光洋(64店)の169店。ダイエー運営店舗は、イオンフードスタイル、ダイエー、グルメシティ、マルナカ、foodium。光洋運営店舗は、KOHYO、マックスバリュ、ピーコックストア。

共通商品では、日替わりで、長崎県産など国産いちご1パック本体298円、長崎県産他ぶり切身(養殖)100g198円、カルビーポテトチップス60g65円、S&Bとろけるカレー180g88円、キリンビバレッジアルカリイオンの水2l×6本358円、1本68円などを提供すr。

近畿地域においてお客に最も支持されるスーパーマーケットの実現に向けて、2019年3月に近畿地域の山陽マルナカの14店をダイエーが、マックスバリュ西日本の8店を光洋 がそれぞれ承継した。さらに2020年3月1日から、光洋がダイエーの子会社となり、強固な協力関係を築きながら一体となった事業運営をスタートすることを記念した企画。

ダイエーと光洋では、今回の「総力祭」を皮切りに、お客から支持の高い商品の相互展開や定期的な合同セールの開催を行う予定だ。両社の力を結集して、近畿地域の「食」をもっとおいしく、もっと楽しく、もっと便利にすることを目指し、新たな価値をお客に提供するという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧