メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

2021年09月10日店舗レポート

マルエツは9月10日、東京都江戸川区に「マルエツ一之江駅前店」をオープンした。今後のニーズやマーケットの環境変化に対応し、デジタル化への取り組みや、リアル店舗の強みを活かした体験型スーパーマーケットを目指す。

<マルエツ一之江駅前店>
20210910ichinoe 1 728x485 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

店舗は、都営地下鉄新宿線「一之江駅」A3c出入口前にあり、店舗東側にはバスロータリーに接道する今井街道が走り、西側に都道318号線(環状七号線)が南北に走っている。店舗周辺は、マンションや戸建住宅が混在する住宅地で、ほぼ平坦な地形。半径700m圏内の商圏は、人口2万3868人・1万2335世帯で、直近の世帯伸長率は1.1%、世帯当り平均人員は1.93人。

<出店場所>
20210910ichinoe 2 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

店舗面積は1508m2で、1階に惣菜、ベーカリー、酒、洋日配、2階に生鮮三品、冷凍食品、加工食品、日用雑貨などを展開する。年間売上高目標は、20億6000万円とした。

今回、「鮮度」「商品との出会い」「ストレスゼロ」「繋がり」といった4つの価値を提供することにより、お客が笑顔になれる店づくりに励む。部門別の想定売上構成比は、生鮮3部門39.5%、惣菜10.8%、ベーカリー2.0%、日配食品20.2%、一般食品19.2%、酒・たばこ7.3%、生活用品1.0%となっている。

<店内入口>
20210910ichinoe 3 728x485 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

「鮮度」と「食べごろ」を身近に感じ、「旬」「新」「話題」の情報をリアルに感じる店づくりを展開。生鮮・惣菜売場に「ignicaサイネージ」ディスプレイを設置し、各売場で扱う旬の商品やオリジナル商品、U.S.M.H.開発商品eatimeを紹介する。

<精肉売場>
20210910ichinoe 4 728x485 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

青果は、全国の農家から直送される種類豊富な野菜を「農家さんの直売所」コーナーで販売する。精肉は、イチボやトモサンカク等の希少部位を使用した「焼肉食べ比べセット」を提供する。

<鮮魚売場>
20210910ichinoe 5 728x485 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

鮮魚は、豊洲市場専任買付担当の目利きにより日々新鮮で豊富な生魚を買い付けし、品ぞろえする。まぐろを柵、造り、スライス、切落しなど種類豊富に販売。また、生本まぐろの頬肉やカマ、目玉、頭肉などの希少部位を併せて展開する。鮮魚寿司「魚悦」では、とろ・中トロ・赤身を入れた握りや巻物も販売する。

<窯焼きピッツァ>
20210910ichinoe 6 728x485 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

こだわりの売場と商品で「できたて」「作りたて」が楽しめ、東京都産・名産との出会いで地元愛を感じる店づくりとして、惣菜売場では、店内で生地を伸ばし、専用窯で焼き上げた「窯焼きピッツァ」を販売する。

<ignicaサイネージ>
20210910ichinoe 7 728x485 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

生鮮・惣菜売場に「ignicaサイネージ」ディスプレイを設置し、各売場で扱う旬の商品やオリジナル商品、U.S.M.H.開発商品eatimeを紹介する。また、イートインスペースではマルエツの環境保全・社会貢献活動など、SDGsの取り組みを紹介するほか、江戸川区と連携し、地域の情報を積極的に発信する。

<東京都産・名産商品も品ぞろえ>
20210910ichinoe 8 728x485 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

東京都産・名産商品を豊富に品ぞろえし、精肉では、味付け肉コーナーに地元の味「江戸甘味噌」を使用した「国産豚ロース味噌漬け」を品ぞろえする。お菓子コーナーでは、「日本橋錦豊琳」の「うにせん」、「東あられ本舗」の「えび小舟」など、東京にゆかりのある商品を販売する。

<Plant Basedコーナー>
20210910ichinoe 9 728x485 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

また、世界人口の増加による食糧需給問題への対応として、大量の穀物を必要とする食肉に代わる代替肉を「Plant Based(プラントベース)」コーナーで展開。環境配慮や社会貢献を身近に感じ、さまざまな提案や体験を通じて、新しい発見と感動が得られる店づくりを進める。

<Scan&Goも導入>
20210910ichinoe 10 728x485 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

さらに、より安全で安心な買い物をしてもらうため、常に新鮮な空気を取り入れ、安定した換気を行う外調機を設置。液晶画面に抗菌・抗ウイルス仕様のシートを取り付けたセミセルフレジ・フルセルフレジを導入する。また、お客自身が商品登録をしながら、買い物ができ、スマートフォンで決済できるScan&Goも展開する。

<体験型ステーションMeet!>
20210910ichinoe 11 728x485 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

新しい商品・価値・未来に出会う場所として、「体験型ステーションMeet!」を設置。さまざまなメーカーや、スタートアップ企業などが提案する、新しいアイデアや最先端の製品などを展示し、タブレットやQRコードで詳細情報の確認や購入まで案内することで、お客に新しい発見と感動を届ける。

<古瀬社長>
20210910ichinoe 12 728x485 - マルエツ/江戸川区に都心型大型店「一之江駅前店」目標年商20億6000万円

古瀬良多代表取締役社長は、「東京23区内では、江戸川橋店(2019年6月)の出店以来の大型店舗の出店となった。都心で一定規模があれば売上は取れることが分かっているので、この規模の出店も継続していきたい。一方で、新店にはリスクのあるので、老朽化した優良立地の既存店改装も進めていきたい」と述べている。

■マルエツ一之江駅前店
所在地:東京都江戸川区一之江8丁目13番9号
TEL:03ー3651ー8781
売場面積:1508m2
建物構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
規模:地下1階、地上13階建(店舗は1、2階)
従業員数:86人(8時間換算)
年間売上高目標:20.6億円
営業時間:9時~25時
駐車場:34台(共用)
駐輪場:131台(共用)
取扱品目:青果・鮮魚・精肉・惣菜・ベーカリー・日配食品・一般食品・日用雑貨

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方