メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

サミット/4月の既存店売上高0.5%減の223億8000万円

2019年05月21日月次

サミットが発表した月次売上実績によると、4月度の総売上高は223億8000万円(既存店ベース前年比0.5%減)となった。全店ベースの売上前年比は1.3%増だった。

<サミット>
サミット

部門別売上高は、食品212億3700万円(全店ベース1.6%増)、住関品11億3500万円(3.2%減)、その他800万円(0.2%減)だった。

店舗数は115店で、店舗面積は19万7594m2(1.5%増)となった。

既存店客数は0.9%減、客単価は0.5%増。10連休の出だしとなった4月27日以降、都内の店舗を中心に客数の伸び悩みがあった。一方で、平成から令和への改元を受けて、ごちそう商材を強化した結果、客単価は前年を超えた。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方