小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

JR九州/門司港駅を大正時代の姿に復原、スターバックスが出店

JR九州は2019年3月、門司港駅をリニューアルする。

<門司港駅をリニューアル>
門司港駅をリニューアル

1914年に創建され、1988年に鉄道駅として日本で初めて重要文化財に指定された門司港駅を、1914年の姿に復原。

外壁は石貼り風にモルタルを塗り、屋根には天然の石盤を葺いている。門司港駅のシンボルである大時計は、古新聞の調査から大正7年に取り付けられたことが明らかになった。九州初の電気時計という歴史的価値を尊重し、今回新調する。

グランドオープンに合わせて、1階にはカフェ「スターバックス コーヒー 門司港駅店」、駅の2階には洋食レストラン「みかど食堂 by NARISAWA」が出店する。

<スターバックス コーヒーが出店>
スターバックス

「スターバックス コーヒー 門司港駅店」は、大正時代の姿に復原される門司港駅の1階(旧三等待合室)部分に出店。

店舗は、門司港駅の大正時代の待合室の雰囲気を残しながら、スターバックスらしい落ち着いた雰囲気の空間づくりを目指す。

当時の姿にタイムスリップしたような待合室のなかで高品質のコーヒー、サービス、空間を提供し、「サードプレイス(家庭、職場・学校等に次ぐ第3の生活拠点)」として、くつろげる空間づくりを行う。

また、「みかど食堂 by NARISAWA」は、大正時代に門司港駅2階で営業していた洋食食堂「みかど食堂」を、シェフの成澤由浩氏ともに再興するという思いを込めた。

西洋の食文化と日本の食文化が融合した懐かしい料理を、大正時代の駅舎に復原された重要文化財で味わえる。

<駅共用範囲>
駅共用範囲

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧