小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

丸の内二重橋ビル/11月8日商業ゾーン開業、日本初出店など25店舗

三菱地所は11月8日、東京商工会議所、東京会館とともに、千代田区丸の内三丁目に所在する「富士ビル」「東京商工会議所ビル」「東京会館ビル」の3棟一体建て替えを進めていた「丸の内二重橋ビル」の商業ゾーンをオープンする。

<丸の内二重橋ビル>
丸の内二重橋ビル

地下1階から2階にわたり多彩な店舗が集積する商業ゾーン名称を「二重橋スクエア」とする。

本物志向のファッションからこだわりの飲食店舗まで、日本初出店や新業態の店舗を含む合計25店舗(飲食17店舗、物販7店舗、サービス1店舗、店舗面積:約2700m2)が出店。

<日本初出店など25店舗が出店>
日本初出店など25店舗が出店

地下1階には、就業者や来街者の日常的な需要に対応しながら、食シーンを充実させる飲食店が東京初出店を含む13店舗集積する。

薩摩地鶏を炭火で焼きあげるこだわりの焼鳥を提供し、福岡で人気を博す「焼き鳥 松元」をはじめ、大阪の「鶴橋 お好み焼・鉄板焼 オモニ」、福岡の「長浜鮮魚卸直営店 博多 魚助」などの東京初出店の店舗が登場。

1階には、丸の内仲通りの新たな顔ぶれとなる路面飲食店舗を含んだ10店舗が登場し、ハイブランドショップからカフェ、レストランまでの様々な店舗がそろう。

イタリアを代表する高級紳士服ブランドである「Ermenegildo Zegna」がビジネスウェアからカジュアルウェア、レザーグッズ、ライフスタイルを彩るコンセプトショップを出店するほか、フレンチトラッドシューズの雄として、世界中のセレブリティを魅了する「J.M.WESTON」が南青山に次ぐ東京都内路面店二号店として出店する。

<世界初のコンセプトショップ「ピエール・エルメ」>
世界初のコンセプトショップ「ピエール・エルメ」

また、世界的に著名なパティシエのピエール・エルメ氏が、日本上陸20周年の節目に、選りすぐった日本の素晴らしいものを、東京丸の内から世界へ発信する世界初のコンセプトショップ「ピエール・エルメ」をオープンする。

2階には開放感のある上質なくつろぎ空間と、ハレの日を彩る食事やお酒を提供する飲食店2店舗を迎える。

1978年創業のシカゴ発ウェットエイジングステーキハウス「Morton’s The Steakhouse」と、ロンドンの話題店ハッカサンやパーク・シノワを手掛けた世界的プロデューサーALAN YAU氏による点心レストラン「YAUMAY」が日本初上陸する。

■建物概要
所在地:東京都千代田区丸の内3-2-3
竣工:10月15日
階数・高さ:地下4階・地上30階・塔屋2階、約150m
敷地面積:約9900m2
延床面積:約17万3000m2
事務所貸付有効面積:約7万m2
店舗貸付有効面積:約2700m2 ※地下1階~2階
用途:事務所、会議場、バンケット、店舗、駐車場など
駐車場:170台
<周辺地図>
周辺地図

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧