小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ショッピングセンター出退店/ファッション店舗減少、中国地方でSC増

リゾームのシンクタンクSCトレンド研究所は12月5日、同社製品の全国商業施設(以下:SC)・ショップ・ブランド出退店データベース「SC GATE」を活用した、2018年7月~9月のショッピングセンターでの出退店調査を発表した。

<駅周辺・市街地全ての施設でテナント数減少>
駅周辺・市街地全ての施設でテナント数減少

「SC GATE」は、全国SC・百貨店約4800施設22万ショップの出退店データベース。

ショッピングセンターでの出店と退店のバランスを示す指標「四半期SC出退店D.I.値」を、2018年7月~9月を対象期間として、業種別、SCタイプ別、SC所在地方別に算出した。

<大業種別四半期SC出退店DI>
大業種別四半期SC出退店DI

業種別では、データを作成している全11業種のうち、D.I.値がプラスとなった業種は、インテリア・寝具・家電サービス、アミューズメントの3業種で、その他の8業種はマイナスだった。

ファッション、ファッション雑貨の両業種は、D.I.値が5四半期連続でマイナスとなり、店舗数の減少が継続している。

一方、この四半期にプラスのD.I.値となったインテリア・寝具・家電、サービス、アミューズメントの3業種は、D.I.値がゼロの四半期はあるものの、マイナスの値となった四半期はなかった。

ただ、インテリア・寝具・家電はD.I.値が徐々に小さくなっており、増加傾向が弱くなっている。

<SCタイプ別四半期出退店DI>
SCタイプ別四半期出退店DI

SCタイプ別に見ると、「駅ビル」では時期によりテナント数の増加も減少も見られるが、その周りの「駅周辺・市街地」タイプでは、2017年7月以降、5期連続してテナント数が減少するという結果になった。

全体で14のSCタイプのうち、D.I.値がプラスとなったSCタイプは、小型駅ビルと大型駅ビルの2タイプのみだった。

5四半期での推移でみると、ショッピングセンターのリニューアルなどによる出店・退店があるため、D.I.値のプラスとマイナスが混在している。

しかし、駅周辺・市街地の施設については、小型・中型・大型のすべての規模について、5四半期連続してマイナスのD.I.値が続いている。

<SC所在地方別四半期出退店DI>
SC所在地方別四半期出退店DI

地方別では、中国地方のみがプラスになった以外は、すべての地方でマイナスのD.I.値となった。中国地方では3四半期連続した店舗数増加となっている。

■問合せ先
広報担当:金藤・山本・尼田
TEL:03-3523-1128
E-mail:info@rhizome-e.com

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧