小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本橋高島屋S.C./3月5日グランドオープン、オーダーサロン設置

店舗/2019年02月20日

高島屋は3月5日、「日本橋高島屋S.C.」をグランドオープンする。

<日本橋高島屋S.C.新館・本館>
日本橋高島屋S.C.新館・本館

2018年9月、日本橋高島屋(百貨店)は、隣接する新館(専門店)、東館(専門店)、タカシマヤ ウオッチメゾン(百貨店)の4館が一体となった約6万6000m2の新・都市型ショッピングセンター「日本橋高島屋」としてリニューアルした。

<4館が一体となった約6万6000m2の新・都市型ショッピングセンター>
新・都市型ショッピングセンター

2019年3月に本館(百貨店)部分の改装が終了し、4館がそれぞれの役割を果たして三世代が一日中楽しめる商業施設を目指す。

今回、3月5日に、百貨店としてはじめて国の重要文化財に指定され、創建から86年目となる本館に「屋上庭園」「車寄せ」「ヴァレーパーキング」「高島屋史料館TOKYO」といった憩いのスペースや生活文化を発信する施設などが加わる。

また、「復刻」がキーワードのサロン空間が出現「オーダーサロン」、女性向けドレスショップ「ドレスアップクローゼット」、メンズ編集売場「ギャラリー ル シック」もオープンする。

<オーダーサロン>
オーダーサロン

2月23日本館6階にオープンする「オーダーサロン」の応接スペースは、1933年施工当時の壁、柱、天井を「復刻」した。天井高3メートルを超える広がりを感じさせる空間となっている。

曲線を描いた窓からは柔らかな外光が差し込み、白を基調とした空間はクラシックで重厚感がある売場とは対照的にリラックスした雰囲気に仕上げた。

「復刻」をキーワードに再構築された、ゆとりやくつろぎを感じさせるサロン空間では、自分らしいこだわりの1着を誂えるオーダースーツを注文できる。

生地選びから採寸、仮縫い、フィッティングへと至るオーダースーツを作り上げる過程をこのサロン空間とともに堪能できる。

ターゲット層は、カスタマイズやオーダーメイドに関心の高いオフィスワーカー。

中心価格帯は約30万円~約50万円(仕立て代込み)となっている。

店頭には選りすぐった世界の名門ブランドの服地を約400点以上取り揃え、スーツのみならず、ジャケット、パンツ、コート、フォーマルなどのアイテムを注文できる。

<ドレスアップクローゼット>
ドレスアップクローゼット

3月1日本館3階に、華やかなパーティーシーンを彩るドレスをそろえた、アイテム編集売場「ドレスアップクローゼット」を新設する。

ターゲット層は、ブライダルゲスト、レセプションパーティー、クルージング旅行、女子会、ディナーなど、ドレスアップする機会のある女性に設定。

3万円台~20万円台の商品を取り揃え、7万円台~8万円台が中心価格帯となる。

<ドレスアップする機会のある女性がターゲット>
ドレスアップする機会のある女性がターゲット

インポートブランド約40%、国内ブランド約60%(高島屋オリジナルを含む)で構成されている。

<ギャラリー ル シック>
ギャラリー ル シック

さらに、3月5日、プレステージ雑貨編集ショップ「ギャラリー ル シック」が本館2階に誕生。

「ライフスタイルデザインショップ」をコンセプトとし、ファッションや暮らしにこだわる本物志向の男性をターゲットに、自身のスタイルを作りあげる喜びを提案する。

メンズ雑貨(レザーアイテム、ネクタイ、ストール、帽子、アクセサリーなど)、メンズビューティー(コスメ、フレグランス、グルーミングなど)、ライフスタイルアイテム(ガジェット、インテリアグッズ、デンタルケアアイテム、盆栽など)など、多様なアイテムをそろえた。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧