小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マルエツ/浅草に2フロアで出店「浅草四丁目店」

マルエツは11月29日、東京都台東区に「マルエツ浅草四丁目店」をオープンする。

<出店場所>
出店場所

東京都台東区の中央から北東側、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス「浅草駅」A1出口から北東側約660mに出店する。

店舗東側に接道する千束通りが南北に走り、西側に都道462号線(浅草国際通り)が南北に走り、南側に都道319号線(言問通り)が東西に走っている。店舗周辺は、低層マンションと戸建住宅が混在する地域で、周辺500m圏内の地形は、ほぼ平坦となっている。

500m圏の商圏人口は2万1625人、世帯数は1万2885世帯。2018年と2019年対比の世帯伸長率は1.0%増で、、世帯当り平均人員は1.68人。世帯人員比率は、台東区と比較して、1人世帯は57.5%と1.2%高い地域で、2人世帯以上は、低い地域となっている。

年齢別人口構成比は、台東区と比較して、15~44歳が39.3%と2.1%低く、45歳~64歳、65歳以上は51.5%と1.9%高くなっている。

売場面積は40m2で、2フロアで展開する。上下エスカレーターを設置し、1階に即食性、簡便性の高い飲料、酒、アイス、冷凍食品、惣菜、パン類などのカテゴリーを配置し、2階に生鮮食品や調味料など、毎日の食卓に必要とされるカテゴリーを展開する。

共通ポイントカード「Tカード」とともに、イオン銀行ATM、電子マネー「WAON」や「SUICA・PASMO」、2019年9月1日に誕生した「マルエツカード」などの各種クレジットカード、スマホ決済「PAYPAY」が利用できる。

惣菜は、毎日の食卓を彩る惣菜や弁当などを時間帯に合わせ、でき立てを品ぞろえする。健康に配慮した商品として「雑穀米を使用した弁当」や「胡麻を味わう!18品目のバランスサラダ」などを用意する。

寿司コーナーでは、旬ネタを使用した「にぎり寿司」を展開。そのほか、人気商品「とうもろこし育ち三元豚ロースカツ」や店内で1本1本焼き上げた「玉子焼き」を使用したサンドイッチなどを展開する。

日配は、単身者を対象とした品ぞろえを強化するほか、高齢者から、若年層、地域のお客のさまざまなニーズに対応した商品の充実を図る。食べ切り、個食タイプのヨーグルト、デザート、麺類、和菓子などをそろえる。

健康志向に対応した「国産有機豆腐」「国産有機納豆」「有機生芋こんにゃく」「有機生そば」など、こだわり商品を集めた。

一般食品は、単身者が多い地域の対応として、食べ切りサイズのお菓子を集合展開し、お客の買いやすい売場展開をする。

簡便性の高い「和洋惣菜調味料」「パックごはん」の品ぞろえを充実させ、地域のお客のニーズに対応した商品を中心に展開する。

酒コーナーでは、缶チューハイの品ぞろえを強化し、冷えたスパークリングワインを提供する。

鮮魚では、毎日のおかずに活用できる切身類、こだわりの製法で作り上げた干物「干し一徹シリーズ」、温めるだけで食べれるオリジナル煮魚・焼魚「膳彩シリーズ」を品ぞろえする。

精肉では、牛ステーキ肉や焼肉盛合わせ、味付肉、内蔵肉などをそろえた「焼肉・ステーキコーナー」のほか、おつまみ商品やローストビーフを中心とした「お肉屋さんのオードブルコーナー」や、即食・簡便性商品を集合した「お肉DEクッキング」「お肉屋さんの鍋コーナー」を展開する。

■店舗概要
所在地:東京都台東区浅草4-23-8
交通:首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス「浅草駅」
A1番出口徒歩約8分
TEL:03-3874-2700
売場面積:470m2(142坪:1階69坪、2階73坪)
建物構造:鉄骨造/3階建(1・2階店舗)
従業員数:41人(8時間換算)
年間売上高目標:8億9000万円

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧