流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





イオン琉球/「ザ・ビッグエクスプレス」名護市初出店

2021年05月19日 15:30 / 店舗

イオン琉球は5月22日、沖縄県名護市に、食品ディスカウントストア「ザ・ビッグエクスプレス名護店」をオープンする。

「ザ・ビッグ」業態はイオンが展開する食品ディスカウントストアで、イオン琉球では2008年7月西原町に1号店をオープンして以降9店舗目となり、名護市内では初出店となる。

<ザ・ビッグエクスプレス名護店>
ザ・ビッグエクスプレス名護店

店舗は、昨年市政50周年を迎え人口も増加する名護市の中心部にあり、周辺には公共施設や学校も多く安全で暮らしやすい地域にある。県道58号線名護バイパス沿いに近くアクセスも良好なことから、広域からの集客も期待できる。今回、地域のニーズに合ったより便利で快適なショッピング環境を提供すべく名護市内に初出店する。

お客の毎日の暮らしをサポートするべく、生活に必要な安全・安心・便利な商品を、毎日お買い得価格で提供する店として使用頻度の高い商品に絞込み、生鮮食品や生活必需品を買い物のたびに安さを実感できる価格で提供する。

専門店は100円ショップ「ダイソー」と24時間営業の「コインランドリーどるふぃん」が出店、銀行ATMも設置し、日々の暮らしに必要なものを便利に利用できる店舗を目指す。

全売場、全部門に共通する基本コンセプトのひとつは、「毎日使う商品がいつでもお買い得」となっている。毎日の食卓に欠かせない商品を中心に鮮度と価格に徹底的にこだわる。

より良い商品を継続的にお買い得価格で提供することを最大のサービスと位置づけ、その実現に向け店内作業の効率化を図りローコストオペレーションを追求する。陳列ケースは単品大量陳列に対応した什器を使用し、商品の補充回数を減らし店内作業の効率化を図ることで継続的に商品を低価格で提供する。

お買い得商品を中心に、大量に並べられた迫力のある売場を店内随所に設置し、見やすく分かりやすい魅力ある売場を展開する。

また、従業員が商品をスキャニングし、レジでの精算のみをお客自身で行う「支払いセルフレジ」を導入。レジでの待ち時間短縮と、短時間での清算を実現させる事でより快適なショッピング環境を目指す。

■ザ・ビッグエクスプレス名護店
所在地:沖縄県名護市大北5丁目2-14
電話番号:0980ー43ー7640
営業時間:8時~22時
敷地面積:5731m2
店舗面積:1575m2
(直営売場:1061m2、専門店514m2)
駐車場台数:150台
専門店:ダイソー(雑貨)、イオン銀行ATM、コインランドリーどるふぃん

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧