小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

遠藤商事HD/ピザ店「Napoli’S」など運営、破産で負債12億1800万円

帝国データバンクによると、遠藤商事・Holdings.は4月28日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。負債は2016年9月期末時点で約12億1800万円。

2011年5月に設立された飲食店経営業者。

代表の遠藤優介氏がイタリアプロサッカーチームのユベントスとジュニアプロ契約し、13歳でイタリアへ渡ったのち、現地でイタリア料理の修業をした経験を生かして事業を開始した。

外食ピザチェーン「NAPORI(ナポリ)」のほか、「Napoli’S(ナポリス)」、「Barta(バルタ)」、「麺屋黒琥」、「30カレーキッチン」、「魚英」、「餃子の山」など2016年9月時点で74店(直営店27店、FC47店)を展開した。

「500円で本格的なピザが食べられるお店」として多数メディアで扱われたことで高い知名度を有し、2016年9月期には年売上高約25億2600万円を計上していた。

しかし、新規出店などで急激な業容拡大を行うなかで資金繰りがひっ迫し、2016年には一部取引先への支払い遅延が表面化した。

その後は金融機関から資金調達できたことで一時は資金繰りが好転したものの、資金需要に追いつかず、2016年末頃に再び取引先への支払いに支障を来す事態に発展していた。

こうしたなか、業界内で信用不安が広がったことで仕入れ業者の撤退などもあり、支え切れず今回の措置となった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧