小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

トリドールHD/2018年の入社式、香港・マカオで開催

トリドールホールディングスは8月4日、2018年4月の入社式を香港・マカオで開催すると発表した。

<香港・マカオで入社式>
香港・マカオで入社式

入社式式典はマカオのランドマークであるマカオタワーで開催し、その後の研修は香港・マカオで行う。

海外での入社式は2016年のハワイ、2017年の台湾に続く3度目で、入社式式典の後には、新入社員研修として香港市内の繁盛店調査を予定している。

新卒社員が世界の繁盛店を知ることで、外食ビジネスに関わる者として良い刺激を受け、世界で通用する人材の成長を狙った。

今回は数多くの人気の外食店舗があり、海外丸亀製麺の中でも売上げ好調な店舗が複数存在することから香港・マカオを選定しており、新入社員が入社式と研修を通して多くの学びを得ることを期待している。

トリドールHDは2025年に世界6000店舗体制の構築を目標としており、これを実現するため、2018年は大卒100人、高卒130人の計230人を採用する予定で、引き続き優秀な人材の採用活動を継続する。

今後も世界を舞台にチャレンジを続け、世界6000店、売上げ5000億円を達成し、世界の外食企業トップ10入りを目指す。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧