小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

資生堂、日本IBM/国内化粧品事業の情報分析基盤を刷新

日本IBMは1月22日、資生堂が2008年に構築した情報分析基盤を、既存資産を最大限活用しつつ性能と拡張性を大幅に向上させ、さらに店頭売上向上のサポート機能を拡張させた情報分析基盤へ刷新し、国内化粧品事業において、2016年1月より全面稼動を開始した、と発表した。

システム基盤には、ビッグデータを超高速処理するために設計・開発されたIBMのプロセッサー「POWER8」搭載サーバーおよびオールフラッシュ・ストレージ「IBM FlashSystem」が採用されている。

資生堂では、2008年から情報分析基盤での店舗の販売データ分析を行ってきたが、市場トレンドの変化や国内人口の減少に伴い、よりタイムリーに市場動向を把握し、対策を打つことが経営課題となっていた。

情報システムに対しては、店舗のPOS(販売時点情報管理)データの増大への対応にくわえ、オンラインショップなどのチャネルの販売データの統合、生産から店頭での売上までを網羅する販売管理系システムと会員顧客の顧客管理・購買分析系システムをひとつの情報分析基盤上へ集約することが求められていた。

このため、分析に適したよりハイパフォーマンスなシステム基盤への刷新が、急務となっていた。

新システムの検討に際して資生堂は、そのインフラにビッグデータを超高速処理するために設計・開発された「POWER8」プロセッサー搭載サーバー「IBM Power Systems S824」、膨大なデータのリアルタイム処理を加速するフラッシュ・ストレージ「IBM FlashSystem 840」を採用した。

今回のシステム基盤の刷新では、本番環境のストレージをすべてフラッシュ・ストレージにすることでI/Oのボトルネックを解消した。

また、サーバーには1台あたり1テラバイトのメモリーを搭載し、インメモリー技術の採用と適切なチューニングによって「POWER8」の高速並列処理能力を活かせる構成とした。

これによって、超高速データ・アクセスが可能となり、従来比で約10倍高速な分析処理を実現させることが出来た。

情報分析基盤の刷新にあたり、構築を担当した新日鉄住金ソリューションズと日本IBMのグローバル・ビジネス・サービス部門は共同で性能検証を行い、資生堂の既存アプリケーションで実際に分析を実行した場合のシステム性能を検証。

適切なシステム基盤の設計を行うことで、高速な分析処理を実現した。

資生堂では今回のシステム基盤刷新により散在していた販売データ、顧客データ、市場データを一元的に集約して、今までよりも高度な分析を高速に行うことができるようになった。

また、検索にかかる応答時間が削減され、マーケティング担当者はトライ&エラーを繰り返しながらより深い分析に集中することができる。

営業担当者は業務に直結する分析レポートを素早く入手し、改善につなげることが可能。

資生堂は、今後この情報分析基盤を活用して全社員がマーケッターとしてデータ分析を業務で活用し、働き方を変革していく。

また、世界規模でのブランド別・地域別の分析や、資生堂のオンラインショップ「watashi+(ワタシプラス)」のデータなどもあわせて分析することで、より充実したサービスの実現を目指している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧