小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

味の素/東日本大震災被災地復興を食から紹介した書籍『復興ごはん』

味の素は5月25日、東日本大震災の被災地復興の原動力となった「食」の力を紹介する書籍『復興ごはん』(「赤いエプロンプロジェクト」編)を小学館より発売する。

<復興ごはん>
復興ごはん

味の素は、東日本大震災の被災地の仮設住宅の住民にあたたかな「食」の機会を届ける「味の素グループ 東北応援 ふれあいの赤いエプロンプロジェクト」(以下「赤いエプロンプロジェクト」)を展開している。

今回、同プロジェクトの共同パートナーである、行政、社会福祉協議会、食生活改善推進員協議会、NPO、大学、仮設住宅の自治会など、「被災地の声」を綴った書籍を発行。

同書籍の売上げの一部は東日本大震災・熊本地震の被災地支援のために寄付される。

定価1100円(税抜)。

「赤いエプロンプロジェクト」は、味の素グループが、東日本大震災が発生した2011年より続けている復興応援活動。

仮設住宅のキッチンの狭さなどに起因する料理離れによる栄養バランスの偏りや、仮設住宅という新たなコミュニティにおける高齢者の孤立化、引きこもりといった社会問題に対し、住民の「心と体の健康づくり」を応援したいと考え、2011年10月に被災地の共同パートナーと活動を開始した。

現在東北3県に専任スタッフを派遣し、実施回数は累計で1833回、延べ2万8981人の被災地の方々と交流を行っている(2016年3月末時点)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧