メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

資生堂、ユニ・チャーム、ライオン/店頭販促物を紙製に変更

2021年12月08日経営

関連キーワード:

資生堂ジャパンは12月8日、ファイントゥデイ資生堂、ユニ・チャーム、ライオンとともに、小売店の店頭や売場で設置する販促物で使用するパーツをプラスチック製から紙製へ順次変更すると発表した。

<4社で店頭販促物のプラスチックを削減>
20211208siseido 728x73 - 資生堂、ユニ・チャーム、ライオン/店頭販促物を紙製に変更

各社で進めるプラスチック削減を商品だけでなく販促物においても実行、日用品・化粧品カテゴリーをリードする各社の規模感を生かし、環境に配慮した社会、業界全体の発展に貢献することを目指す。

4社は、2016年から小売店での店頭メンテナンスを行う合弁会社として設立した、ジャパンリテールイノベーションを通じて、商品の陳列や店頭メンテナンス機能の強化などで協業を開始している。2019年には4社が販促物を共同で配送することで輸送効率を改善し、「物流環境負荷の低減」「小売店の業務負荷低減」に取り組んできた。

今回、対象となる販促物のなかで、代替が可能でスピーディーに実行できるものから、優先的に取り組みを開始。2021年11月から、店頭で多く使用されているつり下げディスプレーに付随するフックを、プラスチック製から紙製へ順次切り替えた。今後、商品を陳列するプラスチック製のクリアラック、香り見本、PP(ポリプロピレン)製セットケース、つり下げ骨什器などを紙製へ変更していく。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月18日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方