流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





セブンイレブン/京都市内141店舗に「ペットボトル回収機」を設置

2021年12月08日 10:20 / 経営

セブン‐イレブン・ジャパンは12月7日から順次、京都府京都市内のセブン‐イレブン141店舗に「ペットボトル回収機」を新たに設置し、限りある資源の有効な活用と海洋プラスチックごみ対策を目的としたペットボトル回収事業を拡大した。

<取り組みの概要>
取り組みの概要

セブン‐イレブン・ジャパンは、京都市と締結している「地方創生包括連携協定」に基づき、伝統産業の振興や市内のセブン‐イレブン一部店舗におけるお土産商品の販売などに取り組んでいる。

持続可能な循環型社会を構築するために「京・資源めぐるプラン」を推進する京都市と共に、今回、環境負荷低減と資源循環を推進する取り組みを共に推進する。地域社会と一体となったボトルtoボトルによるプラスチックのリサイクルと海洋ごみ対策を促進し、「循環経済社会」の実現と海洋プラスチックごみの削減を進める。

京都市では、2021年3月に策定した「京・資源めぐるプラン-京都市循環型社会推進基本計画(2021-2030)-」において、「徹底したプラスチックの資源循環」を重点施策の一つに掲げ、民間と連携して、ペットボトルからペットボトルへの完全循環型リサイクルを促進している。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧