メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオン/無料配布ストローなどをプラスチックから紙・木に3月から順次切り替え

2022年02月17日経営

関連キーワード:

イオンは2月17日、主要グループ企業の店舗で無料配布するストローなどのカトラリー類を、プラスチック素材から紙や木などの環境配慮型素材に3月から順次切り替えると発表した。切り替えによって年間で約150トンのプラスチックを削減する。

<紙や木を使ったフォーク、スプーンなどのカトラリー類>

無料配布する主なカトラリー類では、ストロー、スプーン、フォークを使い捨てプラスチック素材から紙製ストロー、木・紙製スプーン、木・紙製フォークに切り替える。

<切り替え前(プラスチック製)と切り替え後(木製・紙製)のカトラリー>

グループ企業では、イオンリテールが全店(約360店舗)を対象に実施する。紙製ストローは、すでに切り替え済みで、木・紙製スプーン、木・紙製フォークへの切り替えは3月から順次行う。

イオン北海道、イオン九州も全店(イオン北海道:165店舗、イオン九州:247店舗)を対象に、4月1日から順次導入。一部の店舗では先行して切り替える。イオン琉球でも全店(57店舗)で4月1日から順次実施する。

また、店舗の資源回収ボックスに顧客が持ち込んだ使用済みペットボトルを容器の原材料に再生したPB「トップバリュ」の飲料を発売することも併せて発表した。2021年2月に丸紅グループと連携して開始した「ボトル to ボトル プロジェクト」で調達したペットボトルを使用し、年間で約350トンの化石由来のバージンプラスチックを削減する。

同社では、2つの取り組みで、2022年度は年間で約500トンの使い捨てプラスチックの削減と約1486トンのCO2の削減に貢献できるとしている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方