小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

高島屋/ベトナム・ハノイの商業・教育など複合施設開発に参画

海外/2019年06月26日

高島屋は6月25日、連結子会社・東神開発が、ベトナム・ハノイ市の将来の副都心となる不動産開発事業「スターレイク・プロジェクト」へ参画すると発表した。

<スターレイク・プロジェクト完成予想図>
スターレイク・プロジェクト完成予想図

「スターレイクプロジェクト」は、ハノイ市中心部から北西約6km位置するタイ湖西側地区(面積186ha)における都市開発プロジェクト。

タイ湖沿岸の高級住宅地区に近く、都市鉄道の敷設も計画されており、都心および空港へのアクセスも至便なポテンシャルの高いエリアとなっている。

住宅、商業、オフィス、公共施設などを計画的に配した街づくりが予定されている。

東神開発は、プロジェクト敷地内の2区画(A・B)において土地使用権を取得、建物を建設・所有し、教育施設、商業・オフィスを対象とする不動産賃貸事業を運営する。

第1弾として、街の魅力を高める質の高い教育施設を現地企業と共同で開発する。

<学校運営に投資>
学校運営に投資

A区画(面積2.1ha)においては、現地企業エデュフィット社と共同で、2020年秋にバイリンガルスクールを開校予定。

不動産事業の安定性を確保することを企図し、ベトナムの成長産業のひとつである学校運営事業にも出資する。投資額は13億円となっている。

また、エデュフィット社も不動産事業にマイノリティ出資することで相互にアライアンスを強化する。

B区画(面積 1.7ha)は、プロジェクトのマスターデベロッパーである大宇建設のベトナム子会社と土地使用権取得に係るデポジット契約を締結した。

現地行政機関の承認手続きを経て、2022年以降、商業を中心とする複合施設の事業開始を目指す。

同事業で、立地創造型の街づくりを推進し、高島屋グループの成長戦略であるASEAN事業を拡充する。

<周辺地図>
周辺地図

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧