小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カゴメ/ポルトガルにアグリビジネス研究開発センターを設立

カゴメは3月5日、ポルトガルにKAGOMEAGRI-BUSINESS RESEARCH AND DEVELOPMENT CENTER, UNIPESSOAL LDA (カゴメアグリビジネス研究開発センター)を設立し、グローバルトマト事業の拡大を支える研究開発活動を本格稼働する、と発表した。

種子事業から一次加工事業まで、農業を中心とした研究開発活動を通じて新たな事業機会を作ることを目的として設立。

ポルトガルには、同社の自社トマト加工工場(Holding da Industria Transformadora doTomate, SGPS S.A.)がある。

同地はトマト栽培に適した安定な気候であり、歴史的にも良質なトマトの産地であるとともに、農業事業環境が整っており、このようなグローバルなトマト加工事業に資する研究開発活動に最適な拠点であると判断したという。

トマトは世界で1億4000万トンと最も消費されている。その内訳は、生食用トマトが1億トン、加工用トマトが4000万トン。

今後も世界的な人口増に伴い需要が更に拡大し、加工用トマトに関しては2021年にはさらに1000万トンが必要になると予想されている。

新センターでは、新産地における原料トマトの安定生産にむけた活動、カゴメ独自のトマト品種と栽培技術の開発などを行っていく。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

PR記事

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧