小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キリン堂/2月期は売上高0.5%減、営業利益14.3%増

キリン堂が4月1日に発表した2013年2月期決算は、売上高1017億6100万円(前年同期比0.5%減)、営業利益19億2400万円(14.3%増)、経常利益22億4200万円(14.4%増)、当期利益8億8200万円(377.6%増)となった。

カウンセリング販売に継続して取り組むほか、CRMを活用したDM実施やレシートクーポンの導入など、店舗特性・ポイントカード会員を軸とした販促を行った。

調剤部門や化粧品の販売が好調に推移したものの、上半期における前年の震災特需の反動や春先の花粉飛散量の減少等による影響を受けたことなどから、売上は減収となった。一方、粗利率改善とコストコントロールを経営の根幹に置き、収益の確保に努めた結果、増益となった。

大阪2店・京都1店・兵庫1店・奈良2店・滋賀1店の計7店、小型店として、兵庫1店・神奈川2店の計3店、合計10店を出店した。一方、スーパードラッグストア1店、小型店4店、FC店1店を閉店した。

来期は、売上高1049億円、営業利益22億3000万円、経常利益25億9000万円、当期利益7億9000万円の見通し。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧