メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ジョイフル本田/6~9月、住宅資材・DIY部門好調で営業利益4.7%増

2018年11月02日決算

ジョイフル本田が11月2日に発表した2019年6月期第1四半期の連結決算は、売上高367億7400万円(前年同期比0.0%)、営業利益18億3100万円(4.7%増)、経常利益21億4600万円(22.9%増)、純利益14億4900万円(26.1%増)となった。

リニューアルオープンしたホームセンター千葉店や、アンティークと服飾雑貨の専門店、工具・金物・作業服の専門店、ペット専門店の本格稼働が売上高に寄与した。

異業種との厳しい競争にさらされている生活雑貨部門や、7月・8月の記録的な猛暑や9月の台風21号の影響が大きかったガーデンライフ部門とアグリライフ部門が苦戦した。

一方、前々年度末子会社との間で事業統合を行ったリフォーム部門や、ホームセンター千葉店での売場拡大や専門店のオープンが貢献した、住宅資材・DIY部門と住宅インテリア部門、ペット部門は増収となった。

さらに原油価格の上昇により、ガソリン・灯油部門の売上高も増加した。

2019年6月期通期の連結決算は、売上高1522億円(前期比2.4%増)、営業利益83億9000万円(5.1%増)、経常利益93億2000万円(5.9%増)、純利益58億円(3.7%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方