メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

キッコーマン/4~9月、国内外で食品製造が好調増収増益

2018年11月02日決算

キッコーマンが11月1日に発表した2019年3月期第2四半期の連結決算は、売上高2260億9900万円(前年同期比5.4%増)、営業利益200億6800万円(5.2%増)、経常利益199億9800万円(6.1%増)、純利益143億3300万円(19.0%増)となった。

<セグメント別業績>
セグメント別業績

国内は、しょうゆ、酒類が前年同期を下回ったものの、食品、飲料が好調に推移し、食料品製造・販売事業全体で前年同期を上回った。

海外については、食料品製造・販売及び食料品卸売事業ともに順調に推移し、前年同期の売上を上回った。

2019年3月期通期の連結決算は、売上高4508億円(前期比4.7%増)、営業利益376億円(3.0%増)、経常利益362億円(0.6%増)、純利益255億円(6.9%増)を予想している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方