メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スシロー/2018年9月期既存店好調で増収増益、創業来最高を更新

2018年11月08日決算

スシローグローバルホールディングスが11月8日発表した2018年9月期通期の連結決算は、売上収益1748億8300万円(前期比11.8%増)、営業利益117億1800万円(27.3%増)、純利益79億9100万円(14.9%増)となった。

<水留浩一社長>
水留浩一社長

売上、利益ともに創業以来最高の業績となった。

2018年度は、積極的な新規出店(国内36店)とともに、既存店売上が4.4%増と好調に推移。

アニサキス問題で低調だった2017年度に比べ、客数2.0%増となった。客単価も各種キャンペーンやスイーツなどのメニューの強化で2.4%アップしている。

同日行われた決算説明会で、水留浩一社長は「スシローは外食業界で、日本発の単独ブランドとしては売上1位となった。今後、引き続き国内店舗の強化とともに、海外出店も3年で積極的に行い、売上200億円、海外店舗比10%を目指す」と話した。

41店舗出店(国内36店舗、海外5店舗)したことにより、9月末の店舗数は、国内513店舗、海外12店舗の合計525店舗となった。

2019年9月期通期の連結決算は、売上収益1925億2100万円(10.1%増)、営業利益125億6500万円(7.2%増)、純利益79億1100万円(1.0%減)を予想している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方