小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ルビーチョコレート/日本は「世界最大級市場」2月から国内生産開始

商品/2020年01月14日

バリーカレボーグループは1月9日、日本が世界最大級のルビーチョコレートの市場となったと発表した。

ルビーチョコレートは、ダーク、ミルク、ホワイトに次ぐ第4のカテゴリーのチョコレートで、ホワイトチョコレートの登場から80年後のチョコレートの最大の革新と言われている。

2017年9月に上海で発表し、日本では2018年1月から販売している。2020年のバレンタインシーズンでは、日本では40以上のショコラティエやブランドが約100のルビーチョコレート製品が発売し、全国5万以上の小売店、販売店、流通店で販売する計画だ。

これまで、ルビーチョコレートは輸入されていたが、日本での販売好調に伴い、2月から日本国内でも製造を開始する。製造は、6年前から稼働しているバリーカレボージャパンの高崎工場にラインを新設して行う。

国内生産を開始することで、より多くのチョコレート菓子生産者へルビーチョコレートを供給する計画だ

<ムルメステール社長>
ムルメステール社長

バリーカレボージャパンのパスカル・ムルメステール社長は、「日本人の味覚は繊細であり、トレンドに乗ったことからルビーチョコレートが受け入れられた。初めは、ルビー色が可愛いというところで商品を手にするが、食べてみて、実際においしいということで、リピートする人が増えていることが、日本市場での成功要因だ」と成功要因を説明した。

同社の調査によると、これまで小売店で広く入手できなかったにもかかわらず、日本人の42%がルビーチョコレートを知っており、600万人の消費者がすでに食べたことがあり、82%が、将来ルビーチョコレートを味わうことに興味があると答えているという。

トレンドセッターを追いかけている日本の雑誌、日経トレンディ2019ヒット予測100(日経トレンディ2018年12月号)では上位27位に選出された。

1月9日には、ベルギー王国大使館で、「ルビーチョコレート」消費者向けバレンタイン商品発表会を開催。シャノワール、エーデルワイス、モンシェール、ネスレ日本、不二家、森永製菓、ファミリーマートが開発した商品の試食会を開いた。

<商品発表会の様子>
商品発表会の様子

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧