メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/チルド弁当の容器本体を紙製に切り替え

2020年06月08日商品

セブン‐イレブン・ジャパンは6月9日から順次、「チルド弁当」の定番商品である「かつ丼」「牛丼」「中華丼」の3品をリニューアルし、首都圏から容器本体の素材を紙に切り替えて発売する。

<新しい紙パッケージ>
新しい紙パッケージ

セブン‐イレブンの「チルド弁当」は、専用工場の優位性を活かし、「安全・安心」へのこだわりと品質の向上を伴いながら長鮮度化を実現している商品カテゴリー。

温めることでおいしい商品としてさまざまなジャンルの味わいを取りそろえ、好評となっている。特性牛丼(本体398円)、味しみ特製ロースかつ丼(498円)、「1/2日分の野菜!9種具材の海鮮中華丼」(460円)を販売する。

今回のリニューアル3品と、先行してリニューアルした定番商品の「親子丼」を含めた4品について、首都圏から、容器の本体を従来のプラスチック製から紙製に切り替えていく。

順次、全国へ拡大し、取り組みにより、本年度において約800トンのプラスチック使用量削減を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方