小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

メルカリ/繰り返し利用可能な梱包材「メルカリエコパック」提供開始

EC/2019年06月05日

メルカリは6月5日、世界環境デーに合わせ、循環型社会の実現に向けた繰り返し利用可能な梱包材「メルカリエコパック」の提供を開始した。

<メルカリエコパック>
メルカリエコパック

「メルカリエコパック」は、フリマアプリ「メルカリ」を通じた個人間取引における商品の配送用に、 繰り返し使える梱包材として、テントなどで使用するターポリン素材を採用して開発したもの。

密封性の高い止水ファスナーを採用した、生活防水仕様で、受け取ったエコパックで、自身の出品・配送でそのまま利用できる。

サイズは、縦193mm、横312mm。対応サイズは、らくらくメルカリ便の「ネコポス(A4サイズ、厚さ2.5cm以内)」、ゆうゆうメルカリ便の「ゆうパケット(A4サイズ・厚さ3cm以内)」となっている。

6月10日~7月31日に、期間中にメルカリストアで対象商品を1個以上購入するとと、抽選で1000人にプレゼントする(当選は賞品の発送をもってかえる)。

メルカリストアは、アプリ内ホーム画面上部の「ストア」タブから確認できる。

賞品はメルカリストアで購入した際に設定している配送先住所へ、購入した商品と同梱して送る。

また、特定非営利活動法人グリーンバードの活動を通じ、6月10日~30日期間中に対象チームでのごみ拾い活動に参加した人にも配布する。

「メルカリ」は、誰かにとっては価値がなくなったモノが、他の必要な誰かに届けられる社会をまざしている。

一方で、「メルカリ」をはじめとするEC市場の成長により、商品を梱包する資材の消費も増加している。

そこで、梱包材についてもメルカリで取引される商品同様、何度もリユースしたいという思いから、この度繰り返し使える梱包材「メルカリエコパック」を開発した。

今回、試験的に5000個を配布し、利用状況やお客の反応などを鑑みて今後の展開を検討する。

2019年5月にメルカリが行ったインターネット調査では、ECなどの利用増により利用・消費・廃棄する梱包材が増えたことで「もったいない」と感じている人が8割にのぼることがわかった。

メルカリで商品を購入した際に再利用された梱包材を受け取った経験がある人は9割にのぼり、そのうちの9割以上が特に悪い印象を受けておらず、メルカリ利用者の中ではすでに商品も梱包材もリユースする文化が醸成されている。

さらに、「メルカリ」の利用頻度の高いお客ほど「メルカリ」を利用することでエコへの関心が高まっているという。

今後、「メルカリエコパック」の提供を通じ、ダンボールなどあらゆる梱包材もリユースする習慣・文化をお客とともに作っていく。

■「メルカリエコパック」公式サイト
https://about.mercari.com/sustainability/recycling/eco-pack/

■対象商品
・ネコポス/ゆうパケット用クッション封筒(5枚セット)
・ネコポス用段ボール箱(5枚セット)
・ゆうパケット用段ボール(5枚セット)
・宅配ビニール袋(10枚セット)
・ダンボール60サイズ(3枚セット)
・ダンボール80サイズ(3枚セット)
・ダンボール100サイズ(3枚セット)
・ダンボール120サイズ(3枚セット)
・ダンボール140サイズ(3枚セット)
・プチプチ緩衝材
・ネコポス・ゆうパケット用定規
・メルカリ特製メジャー

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧