メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

JR西日本/関西初のメタバース上の駅「バーチャル大阪駅」展開

2022年05月30日IT・システム

関連キーワード:

JR西日本、JR西日本コミュニケーションズ、JR西日本イノベーションズは、HIKKYが8月13日~28日に開催する、メタバース上で行う世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」に出展し、大阪駅をメタバース上に再現した「バーチャル大阪駅」を展開する。

<バーチャル大阪駅>

バーチャル大阪駅では、関西空港へのアクセスに便利な特急「はるか」への乗車、時空の広場でのステージLIVEの開催、駅ナカ店舗での商品の販売など、リアル×デジタルの新たな体験を企画している。さらに、バーチャル大阪駅の一部はHIKKYが独自展開するメタバース開発エンジン「Vket Cloud」により制作することで、VR機器がなくてもスマートフォンやPCなどから手軽に来場できる。

JR西日本グループは、「うめきた(大阪)駅」をイノベーションの実験場「JRWESTLABO」の中心と位置づけ、さまざまなパートナーと共創することでオープンイノベーションを加速させている。HIKKYは、エンタテインメントVRをけん引する注目のクリエイター達をメンバーとして、バーチャル世界の生活圏・経済圏・文化圏の発展と、クリエイターの発掘・育成を目標に設立した。「誰もが持つクリエイティビティの価値が幅広く認められる世の中を創り出す」ことを目指している。

今回、JR西日本グループとHIKKYが連携の上、バーチャル大阪駅を展開し、駅の強みであるリアルの拠点性を活かし、OMO(Online Merges with Offline:オンラインとオフラインの融合)やバーチャル空間などの接点を組み合わせることで、リアルとデジタルが融合する空間を創出し、駅を活用した新たな価値の提供に取り組むという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月07日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方