流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





三井倉庫SCS/SmartDB導入で事故の未然防止を強化、蓄積データ活用

2022年09月22日 11:00 / IT・システム

ドリーム・アーツはこのほど、三井倉庫サプライチェーンソリューション(以下、三井倉庫SCS)が、大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(スマートデービー)」を導入したと発表した。三井倉庫SCSでは、2022年4月からSmartDBで構築した業務アプリの利用を開始している。

三井倉庫SCSは2015年に三井倉庫ホールディングスとソニーの共同出資によって発足した物流合弁企業。三井倉庫グループは、SCM情報のデジタル化・見える化を通じた社会的価値の創出を目指した「三井倉庫グループDX戦略」を策定しており、2022年4月には経済産業省が定めるデジタルトランスフォーメーション(DX)認定制度に基づく「DX認定事業者」に認定された。

フルスペックの物流機能を備える三井倉庫グループのなかでも、三井倉庫SCSは調達、生産、販売の各物流分野に精通。輸出入業務、国際間輸送などの国際分野にも豊富な経験知見により顧客の視点に立った最適なソリューションを提供している。

一方で、三井倉庫グループ全体でデジタル活用を推進するなか、三井倉庫SCSではサプライチェーンの業務改善サイクルを支える業務デジタル化基盤の整備が急務になっていた。たとえば、事故の未然防止のためのヒヤリハットや事故の管理は、自社でスクラッチ開発したシステムでおこなっていたが、検索性や一覧性が悪く、スピーディーな要因分析や再発防止策につながらなかった。

また、社内ネットワークからしかシステムを利用できないことによる事故の発生報告の遅れや、進捗状況が可視化されていないことで対応の遅れやリマインドが適切におこなえないなどの課題もあり、結果として事故発生から対応完了までの期間が長期化していた。これらの課題を現行システムで解消するには追加の個別開発が必要になり、膨大な外部流出コストや時間を要する状況があった。

また、その他の業務においても紙やExcelベースの業務が多く、情報の管理や共有が煩雑なためサプライチェーンに関わるさまざまな業務の生産性を損なう要因となっていた。これらの課題を解決するべく、現場部門(非IT部門)が自ら業務デジタル化を推進できるノーコード・ローコード開発基盤の導入検討を開始した。

<SmartDBの活用イメージ>
SmartDBの活用イメージ

三井倉庫SCSが新システムを導入するうえで重視したのは、「事故管理・ヒヤリハット管理」システムの移行先としての機能が充足していること、低コストかつスピーディーに業務アプリの構築や改修ができるノーコード開発基盤であることだった。そこで、SmartDBの「ノーコードで低コスト・スピーディーに業務をデジタル化できる」「高度なワークフロー・Webデータベース機能を備え幅広い業務のデジタル化ができる」「モバイル端末から情報の確認、報告ができる」点を評価し、検討を進めるなかで、最終的にSmartDBを採用した。

まずは、2022年4月から物流技術部における「事故管理・ヒヤリハット管理」や「コンテナ積載効率実績の可視化」の業務アプリを利用開始した。2022年7月には「コンテナの需給バランスの可視化」や「梱包材の見積り依頼」などの業務アプリも利用を開始した。将来的には物流業務の委託に関する請求処理、輸出入業務プロセスの一元化などでデジタルを活用し、継続的な改善サイクルを実現するという。

齋藤壽伸三井倉庫サプライチェーンソリューション国内事業担当執行役員は、「三井倉庫グループ全体で『DX戦略』に取り組むなか、三井倉庫SCSではデジタルを活用して業務改善を実現できる環境を構築することが課題でした。そこで新たな業務デジタル化基盤として導入したのがSmartDBです。その効果を実感するまでに多くの時間はかかりませんでした。導入後わずか1ヵ月で、プログラミング経験のない物流技術部が「事故管理・ヒヤリハット管理」システムを自らの手で刷新したのです。想定以上のスピード感に驚きました。そして現在は、物流業務の委託に関する請求処理や国際輸送の可視化など、次々とデジタル化を進めています」と語る。

その上で、「ここまでは物流技術部を中心にデジタル化をおこなっていますが、部門を超えて各部・各拠点に広げていく予定です。それにより、全社の業務オペレーション改善と業務品質向上に貢献する自律的な改善活動のための業務デジタル化基盤としてSmartDBを活用していきます。ドリーム・アーツには今後も“協創パートナー”としてご支援いただけることを期待します」とコメントしている。

■取り組みの詳細
https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/news/information/in220915/

■問い合わせ
ドリーム・アーツ
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3
恵比寿ガーデンプレイスタワー29階
広報担当 佐藤
TEL:03-5475-2502/080-7023-7602
E-mail:pr@dreamarts.co.jp

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧