流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





三越伊勢丹/チョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2022」のオンライン販売開始

2021年12月24日 13:55 / 販促

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は1月3日から、チョコレートの催事「~パリ発、チョコレートの祭典~サロン・デュ・ショコラ 2022」の店舗での開催に先がけて、オンラインストアで一部商品の販売を開始する。

<「~パリ発、チョコレートの祭典~サロン・デュ・ショコラ 2022」の案内>

クリスチャン・カンプリニの「ショコラアソート(32個入)」(税込1万368円)、ル ブリストル パリの「ショコラアソート ブリストル グラン(25個入)」(1万3500円)、フィリップ・ベルの「ショコラアソート(28個入)」(7776円)などをそろえた。

<クリスチャン・カンプリニ「ショコラアソート」>

クリスチャン・カンプリニの「ショコラアソート」は、かんきつ系、カカオ産地別ガナッシュ系、プラリネ系、はちみつ系など、カンプリニのすべてを味わえるチョコレートのボックスになる。

<ブリストル パリ「ショコラアソート ブリストル グラン」>

ブリストル パリの「ショコラアソート ブリストル グラン」では、ぜいたくなホテルライフを過ごすかのような豪華なボックスで、気鋭のシェフが作る13種のチョコが味わえる。

<フィリップ・ベル「ショコラアソート」>

フィリップ・ベルの「ショコラアソート」は、塩キャラメル、カカオ産地別のガナッシュ、シンプルなプラリネなど、ベルならではの面白いチョコレートを組み合わせた。

また、サブレで、アルバン・ギルメの「フー セック(1箱)」(4536円)、ダヴィド・カピィの「サブレ プラリネ レ(1箱)」(4860円)などを販売する。

<アルバン・ギルメ「フー セック」>

アルバン・ギルメの「フー セック」は、チョコレートのサブレディアマンやバニラ風味のサブレディアマン、ヘーゼルナッツのサブレなどを詰めた。

<ダヴィド・カピィ「サブレ プラリネ レ」>

ダヴィド・カピィの「サブレ プラリネ レ」では、ヘーゼルナッツのプラリネを混ぜ込んだサブレをミルクチョコレートでコーティングした菓子になる。

さらに、フルーツと合わせたチョコレートで、ショコ オ キャレの「タブレット フーレ ピスターシュ フランボワーズ(1枚)」(3024円)、リリアン・ボンヌフォアの「タブレット フィグ セッシェ(1枚)」(2808円)なども用意した。

<ショコ オ キャレ「タブレット フーレ ピスターシュ フランボワーズ」>

ショコ オ キャレの「タブレット フーレ ピスターシュ フランボワーズ」は、フランボワーズコンフィとピスタチオプラリネを41%のミルクチョコレートで包み込んだタブレットになる。

<リリアン・ボンヌフォア「タブレット フィグ セッシェ」>

リリアン・ボンヌフォアの「タブレット フィグ セッシェ」は、ミルクチョコのタブレットで、自家製でドライにしたイチジクをたっぷりとあしらった。

「サロン・デュ・ショコラ 2022」の店舗開催は、「Part1 TASTE OF CACAO~広がる、楽しむ、カカオの世界~」、「Part2 THE ARTISANS~最高峰ショコラティエの技~」と銘打ち、伊勢丹新宿店本館6階の催物場で実施。開催期間は、「Part 1」が2022年1月20~25日、「Part 2」は2022年1月28日~2月3日になる。

「サロン・デュ・ショコラ」は、1995年にフランスのパリで生まれた世界最大級のチョコレートの祭典。世界中から一流ショコラティエやブランド、最高級のチョコレートが集まる。パリでは毎年10月下旬~11月上旬に開催する。三越伊勢丹では2003年1月に開始した。「サロン・デュ・ショコラ 2022」で20回目の開催となる。

■「~パリ発、チョコレートの祭典~サロン・デュ・ショコラ 2022」オンラインストア
https://www.mistore.jp/m/sdc

■「~パリ発、チョコレートの祭典~サロン・デュ・ショコラ 2022」東京会場
場所:伊勢丹新宿店 本館6階 催物場(東京都新宿区新宿3-14-1)
期間:「Part 1」:2022年1月20~25日、「Part 2」:2022年1月28日~2月3日

関連記事

関連カテゴリー

販促 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧