小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ららぽーと名古屋みなとアクルス/目標年商300億円、基礎商圏5km46万人

三井不動産と三井不動産商業マネジメントは9月28日、名古屋市港区に「ららぽーと名古屋みなとアクルス」をオープンする。25日関係者向け内覧会を開催した。

<ららぽーと名古屋みなとアクルス>
ららぽーと名古屋みなとアクルス

愛知、岐阜、三重の東海3県で初の「ららぽーと」で、東宝ガスの工場跡地の大規模再開発「みなとアクルス」の中核施設としてオープンする。

通常営業年度での目標年商は300億円、基礎商圏は5km圏46万5024人、第2次商圏は10km圏164万4962人を見込んでいる。

<ららぽーと名古屋みなとアクルスの店内>
ららぽーと名古屋みなとアクルスの店内

10km圏の年代別人口構成比は、0~9歳8%、10~19歳8%、20~29歳12%、30~39歳14%、40~49歳15%、50~59歳12%、60~69歳13%、70歳以上18%となっている。

20代と30代を合わせた人口構成は26.0%で、全国の22.3%、愛知県の24.0%よりも高いことが特徴で、20代・30代のファミリー層をメインターゲットとした。

<エンジョイゾーンに出店>
エンジョイゾーンに出店

みなとアクルスは、約33ヘクタール・ナゴヤドーム約6個分の敷地を再開発するもの。

スポーツ施設を集積するスポーツゾーン、第2期開発で教育・医療・福祉などの複合業務施設を誘致する予定のウィルゾーン、三井ショッピングパークららぽーとが開業するエンジョイゾーン、分譲マンションを建設するネクストライフゾーンの4つのエリアで構成する。

施設コンセプトは「ヒトを繋ぎ、トキを紡ぐ“コネクトモール”」。名古屋市の港エリアにできる新たなまち「みなとアクルス」の中核を担い、新たな地域交流・発信の場を目指す。

<蔦屋書店>
蔦屋書店

愛知県初出店49店、名古屋初出店57店、SC初出店16店、新業態22店を含む高感度ファッションや話題の飲食店など、幅広い世代のニーズに応える多彩なラインナップの全217店が集結する。

最寄の名古屋市営地下鉄名港線「港区役所駅」から徒歩2分であることに加え、名古屋市営バス「港区役所」から至近であることなど公共交通機関でのアクセスが良好となっている。

「港区役所駅」へは名古屋市内の主要駅「名古屋駅」から19分、「栄駅」から14分、「金山駅」から7分と市内中心部から快適に来館できる。

<ウエルカムアプローチ>
ウエルカムアプローチ

交通渋滞対策として、地下鉄の駅や市営バスの駅がある主要幹線道路沿いに駐車場を配置して、車での来店をスムーズにした。

一方で、公共交通機関利用者が来店しやすくなる工夫として、フォトスポットや広場を設けた「ウエルカムアプローチ」を設け、テーマが「WITH FAMILY」の「蔦屋書店」を施設の入口に配置した。

<デカゴン>
デカゴン

施設西側には、約8000m2からなる広大な屋外広場「みどりの大広場」を展開。広場の中心に位置し、ららぽーと史上最大の屋根付きイベントスペース「デカゴン」を設置した。

全体で900m2あるスペースの中で、ライブイベントや展示会、マルシェなど、さまざまな用途のイベント利用ができる。

<センターコート>
センターコート

店舗施設内にも1階から3階までの大規模の吹き抜けスペースとして「センターコート」を設置し、室内イベントスペースとして活用する予定だ。

<ららキッチン>
ららキッチン

消費のトレンドが、食物販や飲食店での飲食に向かっていることを受け、食物販と飲食店の構成比を既存施設よりも1%多い、11%に高めた。

一方で、消費が縮小しているアパレルは既存施設よりも10%程度構成比を下げ30%弱の構成比とした。

3階には、ららぽーと初の「和」がテーマのフードコート「ららキッチン」を配置し、愛知県初出店や新業態8店を含む10店を集積した。

「甘味とぱすた 柴ふく」「肉問屋あさひ屋」「日本橋 天丼 金子半之助」「RAMEN EXPRESS博多一風堂×ソラノイロ」「日本橋海鮮丼 つじ半」「中華そば専門 田中そば店」「えび専門店 えび吉」「讃岐うどん 香川一福」「牛カツ専門店 京都勝牛」「親子丼専門 鶏三和」が出店した。

<小あがり席>
小あがり席

子育て世代が使いやすい商業施設を目指す「ママwithららぽーと」の取り組みの一環として、フードコート内には、キッズエリアや小上がり席を配置した。

ららキッチンでは、キッズ席30席、小上がり席28席を含む750席を用意した。

祖父母、親子、孫までを含む3世代が楽しめる店舗構成と施設構成とすることで、集客力のあるフードコートを目指した。

<1階フードコート「CANAL deli」>
1階フードコート「CANAL deli」

港北運河を望む1Fのフードコート「CANAL deli」は、港をテーマにしたデザインを採用し、305席を展開。「みどりの大広場」で食べやすいテイクアウトメニューを提供する5店を集積した。

「マクドナルド」「ジャック イン ザ ドーナツ」「築地銀だこ」「タリーズコーヒー」「513BAKERY」が出店する。

施設概要
所在地:愛知県名古屋市港区港明2-3-2
敷地面積:約8万3200m2
構造規模:店舗棟 鉄骨造地上4階建一部2階建
(店舗1~3階、駐車場4階、屋上)
立体駐車場棟 鉄骨造地上6階建 2棟
延床面積:店舗棟約12万4700m2
立体駐車場棟:約4万5500m2
店舗面積:約5万9500m2
店舗数:217店
駐車台数:約3000台
交通:名古屋市営地下鉄名港線「港区役所駅」徒歩2分、「東海通駅」徒歩3分
営業時間:物販・サービス・フードコート10時~21時
レストラン11時~22時

■ららぽーと名古屋みなとアクルス
https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/minatoaquls/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧