小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

高級食パン専門店/「これ半端ないって」旗艦店に初の「カフェ」

CLASTYが運営する高級食パン専門店「午後の食パン これ半端ないって!」は6月9日、神奈川県相模原市の旗艦店に初のカフェ「このカフェ半端ないって!」をオープンする。6月6日、マスコミ向け内覧会を開催した。

<このカフェ半端ないって!>
このカフェ半端ないって

「午後の食パン これ半端ないって!」は、ジャパンベーカリーマーケティングの岸本拓也氏をプロデューサーとして迎え、2018年9月に神奈川県相模原市に旗艦店を出店した。今回、店舗を増床し、新たにカフェを併設した。

<午後の食パン これ半端ないって!>
これ半端ないって

安蒜貴紀社長は、「CLASTYはIT企業だが、社員の働き方改革もあり、社員がゆったりと落ち着ける場所が欲しいと思い、最初は喫茶店経営を考えた。岸本プロデューサーの勧めで始めた食パン専門店が軌道に乗ったこともあり、今回カフェを開店する。住宅地の中にあり、日常がベースだが、ささやかな特別感のある店にしたい」と話している。

<日常生活にちょっと特別感をもたらす食パン>
特別感をもたらす食パン

「午後の食パン これ半端ないって!」では、耳まで柔らかい、くちどけなめらかな食パン「半端ない熟成」(税別800円)、サンマスカットレーズン入りの「仕方ない午後」(980円)を販売している。

日常生活にちょっとした特別感をもたらす食パンが、開店以来大人気で開店10時ながら13時頃には整理券の配布が終わり、売り切れてしまうほどだという。

<ゆったり食事できる「カフェエリア」>
カフェエリア

今回、旗艦店をよりバージョンアップさせ、カフェを併設したスタイルに刷新した。カフェの店内は、コーヒーとサンドイッチをテイクアウトできる「TOGOエリア」、ゆったり食事できる「カフェエリア」に分かれている。

<中央・岸本氏>
岸本氏

岸本氏は、「日常的に地元で愛される食パンを、こだわりのコーヒーとともにゆったり楽しめるカフェになっている。旗艦店にカフェという特別感があり、地元の方のくつろぎの場になるよう内装はレトロで柔らかなイメージに仕上げた。若い人も多い住宅地の中で、カフェの前はリニアの駅の予定地であり、ポテンシャルのある立地になっている」と説明した。

<朝食セット>
朝食セット

カフェエリアでは、モーニング、ランチ、ティータイムの時間帯別で、セットメニュー、スイーツなどを580円~1280円の価格帯でそろえた。

<本日の半端ない食パンランチ>
食パンランチ

3種のディップと食パンの「朝食セット」580円、ハンバーグやパスタなどが日替わりでつく「本日の半端ない食パンランチ」(1280円)、ティータイムは「フルーツたっぷりフレンチトースト」(1000円)などが楽しめる。

<フルーツたっぷりフレンチトースト>
フレンチトースト

コーヒーは、コーヒー好きのCLASTYの安蒜貴紀社長がこだわり、横浜・白楽の人気ロースターTERA COFFEE and ROASTERとパンに合うオリジナルブレンドを開発した。

パンとのペアリングも楽しめる3種類(各380円)をハンドドリップで提供する。

<「これ半端ないって!」ブレンド>
ブレンド

グァテマラベースの「これ半端ないって!」ブレンドは、酸味が抑えめで、苦みとコクがありながら、すっきりと仕上げている。

<ハンドドリップで提供>
ハンドドリップで提供

「フローラルブレンド」は、エチオピアベースで甘酸っぱいジャムを載せたトースト、イタリアンローストの「ビターローストブレンド」はフレンチトーストやクロックマダムにお勧めだという。

<TOGOではサンドイッチのテイクアウトも>

テイクアウトメニューは、「アンデス高原豚のカツサンド」(380円)、「よくばりミックスサンド」(280円)、「6種の野菜とロースハムのサンドイッチ」(380円)などがそろう。

<TOGOエリア>
TOGOエリア

■このカフェ半端ないって!
住所:神奈川県相模原市緑区橋本2-17-21 AYAビル1階
TEL:042-703-6611
営業時間:8時~18時(LO17時30分)
定休日:月曜日
店舗面積:約86m2
席数:25席
http://www.korehanpanaitte-bakery.com/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧