メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

西松屋チェーン/9月の既存店売上4.9%増、秋冬物の肌着が伸長

2017年09月22日月次

西松屋チェーン(2017年2月期売上高:1362億円)が発表した9月の前年比速報によると、既存店売上高は前年同月比4.9%増、客数は2.4%増、客単価は2.4%増となった。

全店は、売上高8.1%増、客数5.5%増、客単価2.5%増だった。

3店を出店し、1店を閉店し、月末店舗数は924店(うち既存店874店)となった。

PBである「エルフィンドール」の、アウトウェアにおける秋の重点販売品目、「ストレッチーノ」「ストレッチパンツ」や、秋冬物の肌着、パジャマの売上が大きく伸長した。

育児用品部門においても、ベビーフードや紙おむつなどのコモディティグッズを中心に堅調に推移した。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方