メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スーパーマーケット/11月の既存店売上1.6%減、一般食品1.1%減

2018年12月21日月次

オール日本スーパーマーケット協会、日本スーパーマーケット協会、全国スーパーマーケット協会は、11月実績速報版のスーパーマーケット販売統計調査を発表した(集計企業270社)。

<スーパーマーケットの売場(イメージカット)>
スーパーマーケット

総売上高は8532億4110万円(既存店前年同期比1.6%減)で、うち食品合計は7664億5527万円(1.3%減)、非食品642億9000万円(4.7%減)、その他224億9628万円(2.1%減)だった。

食品合計のうち、生鮮3部門合計は2898億3182万円(1.7%減)、内訳は、青果1154億5216万円(0.2%増)、水産720億8789万円(2.4%減)、畜産1022億9176万円(3.3%減)となった。

惣菜は867億2593万円(0.5%増)、日配は1656億9410万円(1.5%減)、一般食品は2242億342万円(1.1%減)となった。

なお、全店売上高は0.6%減、うち食品合計0.1%減、非食品4.3%減、その他2.8%減だった。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月31日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方