メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

泊まれる本屋/池袋に「BOOK AND BED TOKYO 東京店」をオープン

2017年01月20日店舗

不動産のセレクトショップR-STOREは1月21日、「泊まれる本屋」をコンセプトに、訪日外国人観光客や国内旅行者、都内近郊の在住者をターゲットとしたホステル「BOOK AND BED TOKYO 東京店」をオープンする。

<BOOK AND BED TOKYO 東京店>
BOOK AND BED TOKYO 東京店

2015年にオープンした泊まれる本屋をリニューアルし、「BOOK AND BED TOKYO 東京店」に一新するもの。

「BOOK AND BED TOKYO」は、お酒の飲める「泊まれる本屋」で、館内にある「BOOK AND BED AND BAR」と称したバースペースで、宿泊者向けに販売を行う。

宿泊料金は税別3500円~5500円で、これまでの利用者の属性は、20代~30代85%、40代以上が15%。

男女別では、男性30%、女性70%で、利用目的では、国内旅行客33%、国内出張客4%、海外旅行客33%、都内近郊客29%となった

お泊まり会や3rdプレイス的利用も多く、都内近郊の方の利用が3分の1近くを占めた。

2015年OPENの池袋に続き、グラフィックデザインを「Soda design」、内装デザインを「SUPPOSE DESIGN OFFICE」が担当。ブックセレクトは「SHIBUYA PUBLISHING&BOOKSELLERS」が担当した。

読書をしながら寝落ちしてしまう、幸せな体験を提供する施設を目指す。

また、宿泊せずにBOOK AND BED TOKYOの空間を気軽に楽しめるデイタイムプランも提供する。

■BOOK AND BED TOKYO
http://www.bookandbedtokyo.com

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方