小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

阪急オアシス/オアシスタウンキセラ川西にテラス・カフェ併設店

店舗/2019年07月29日

阪急オアシスは8月2日、兵庫県川西市の商業施設「オアシスタウンキセラ川西」に「阪急オアシス キセラ川西店」をオープンする。

<オアシスタウンキセラ川西のオープン告知>
オアシスタウンキセラ川西のオープン告知
出典:阪急オアシスホームページ

川西市は兵庫県の南東部に位置し、阪急宝塚線「川西能勢口駅」から約500メートルの距離に出店する。1次商圏は0~500m圏の人口約5272人・約2333世帯、2次商圏は500~1km圏の人口約1万6206人・約7108世帯、3次商圏は0~1km圏の人口約2万1478人・約9441世帯を想定する。

店舗1km圏内の人口は、年代別では30歳代~40歳代のシェアが約29%、次いで70歳代~80歳代が約22%と、いずれも兵庫県の平均を上回っており、世帯別構成では単身世帯(約35%)が最も多く、次いで2人世帯となっている。

店舗北西エリアは戸建で団塊世代・高齢者が多く、南東エリアは戸建・マンションが混在し、20歳代~40歳代のシェアが約40%を超えるエリアとなっている。

オアシスタウンキセラ川西は、阪急阪神グループが開発するネイバーフッド型ショッピングセンター(NSC)の第2弾。敷地面積約3万1007m2に地上3階建てオープンモールタイプのNSCを自社開発し、ファッション・100円ショップ・電化製品・雑貨などの物販や、カフェ・温浴施設などの飲食施設やサービスのほか、H2O保育園・医療モールなどを設け、売場・品ぞろえ・サービスで「地域のお客様
にとって、なくてはならない存在であり続けるお店」を目指す。

<オアシスタウンキセラ川西のテナント配置図>
オアシスタウンキセラ川西のテナント配置図

阪急オアシスは、「ゆっくり選べる」「過ごす・楽しむ」「賢くお買物できる」をコンセプトに、広域からの集客も図りながら、「アクティブシニア層」にはこだわりや健康、少量軸での提案を、30歳代~40歳代の「子育てファミリー層」にはお買い得感・健康軸での提案を行い、約2000m2のSCとしての最新MDを投入する。

施設内を流れるせせらぎの小川に沿って「ガーデンテラス」を設け、テラス席ではバーベキューも楽しめるBBQセットの貸出しをする。

併設する「ガーデンカフェ」では、カフェメニューに加え、朝食メニューなども展開し、さまざまな人が「食べる・集まる・過ごせる」環境を目指す。

キッチンステージでは、日々の食の提案を、ガーデンテラスではキッチンスタジオの機能も活用し、地域のお客とのつながりもさらに深める。

<阪急オアシス キセラ川西店のレイアウト>
阪急オアシス キセラ川西店のレイアウト

農産コーナーは、「鮮度」「価値」「価格」を重視した商品の提案をする。鮮度面では、産地から直送の今朝採りレタスや玉子などの鮮度追及品の展開。価格面においても競合他社に負けない価格の打ち出しで集客部門としての役割を果たす。

サラダコーナーでは、「クイック」「サポート」「プラス」を柱とし、健康・時短・合理性を追求した編集に加え、Kitchen&Marketで人気の「サラダバー」を導入する。より取りやすさ、選びやすさを追求し、これまでの大サイズ(500円)に加え、アクティブシニア向けに小サイズ(300円)も新たに導入する。

水産コーナーは、「即食」「ボリューム(大容量)」「こだわり」をテーマに編集する。アクティブシニア層には鮪に特化した鮨や造りに加え、食習慣の提案として、もずくや、めかぶなどの海藻もコーナー化し、品ぞろえを強化する。

塩鮭・ちりめん・魚卵・タコなどのボリューム品の価格対応や週末ファミリー層向けの大容量パックなども品揃えし、塩干コーナーでは原料、製法にこだわった商材を冷凍で提供する。「すぐ食べられる」「でき立て」の海鮮丼なども展開し、「ここに来ればすべてが揃う」売場を目指す。

畜産コーナーは、「健康」「簡便」「量目」をテーマに編集する。肉を食べるアクティブシニア層には、「いいものをちょっとずつ」の取組みとして、A4ランクで肉質の良い黒毛和牛を少量目で提供する。ラム肉や鴨肉などの「ヘルシーミート」もコーナー化する。豚、チキン、ミンチなどのボリューム品、輸入牛(アンガスビーフ)などは、価格対応のほか、品質・鮮度・商品化にこだわり品ぞろえする。

その場で食べられるミートデリは「上質な素材とミートデリの連動」として熟成デリに加え、ロテサリー仕上げで美味しくローストしたチキンやビーフを展開する。

デリカコーナーは、即食の充実・拡大に向け「見やすさ」「買いやすさ」をテーマにカテゴリーの編集を行う。ボリューム商品として、セロリや玉ねぎの甘味、キノコの旨味を生かした野菜出汁を使用した唐揚げ「唐山車(からだし)」をコーナー化する。

お好み焼きやだし巻き、ハンバーグなどを、時間帯に応じて提供する「千焼(ちやき)」など、味や素材はもちろん売り方、見せ方にもこだわる。「からだ想い」のコーナーでは、従来の低糖質だけではなく、たんぱく質源も取り入れたメニューも新たに品ぞろえする。

ベーカリーコーナーは、美味しさ・こだわりを追求し、大手ベーカリーメーカーの協力のもと開発した上質パンや、本格的な食事パンを展開する。

ガーデンテラスに併設された「ガーデンカフェ」では「楽しく」「可愛い」「落ち着く」をテーマに、コーヒーやカフェラテ、紅茶などのドリンクメニューや、メニュー開発チームが新規開発した、カスクートやクロワッサンにサラダがセットになったメニューを提供する。ふわっとした食感と風味にこだわったパンケーキや、オリジナルスープなども提供し、食事と物販が一体となった売場を目指す。

グロッサリーコーナーは、商圏や競合を踏まえた売場バランスの構築、SKUを設定し、簡便即食、菓子、リカー(ワイン)の品ぞろえを強化する。ヘルス&ビューティーコーナーでは商品のブラッシュアップとシニア層に向けたアイテム「シニアプラス」も展開する。

デイリーフードコーナーでは「健康」「個食」「簡便」「こだわり」をテーマに、減塩、低糖質、ヘルシー商品の提案や、素材にこだわった冷凍おかず、冷凍おこわを品ぞろえする。「Cafe Sandwich+」では新たにバーガーメニューを新規導入する。

■店舗概要
所在地:兵庫県川西市火打1-16-6
TEL:072-756-7050
売場面積:2080m2
営業時間:10時~21時(ガーデンカフェ9時開店)
駐車場:約827台
駐輪場:約799台
年間休日:1月1日・2日
年商目標:約25億円
従業員数:社員25人、パート・アルバイト149人、合計174人
アクセス:阪急電鉄宝塚線「川西能勢口駅」から徒歩約15分
能勢電鉄「絹延橋駅」から徒歩約5分

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧