小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

南海電鉄/和歌山市駅に商業・ホテル複合施設、CCC運営の図書館も

店舗/2019年08月09日

南海電鉄は8月8日、商業・ホテル複合施設「キーノ和歌山」を2020年4月下旬にオープンすると発表した。

<キーノ和歌山>
キーノ和歌山

和歌山市駅を中心に、先行開業している南海和歌山市駅ビル (オフィス棟)と駐車場棟に加え、現在工事を進めている商業ゾーン、ホテル、公益施設棟からなる複合施設。

公益施設棟(和歌山市民図書館、地上5階、延床面積9600m2)には、カルチュア・コンビニエンス・クラブが指定管理者として参画。50万冊をそろえ、2019年12月の開館を予定している。

<商業ゾーン、ホテル、公益施設棟からなる複合施設>
複合施設

商業ゾーン(商業棟・ホテル棟1~3階)は、約30店舗(商業棟・ホテル棟合計)が入居。改札正面の通路は、3階まで吹き抜け空間となり、駅とまちを繋ぐ開放的で賑わいのある「和歌山の新しい玄関口」をイメージしている。

1階は、「わざわざでも行きたくなる」をテーマに、野菜・肉・魚の専門店が厳選した高品質な生鮮食品をはじめ、こだわりの食品雑貨や和歌山ならでは食材が一堂に会する、新しいかたちのマーケットを核テナントとして誘致。通勤・通学の途中に気軽に立ち寄りたくなる、普段の生活に便利なアイテムが手に入る店舗もオープンする。

2階のレストランフロアは、県内の人気飲食店を集め、1階同様「ついで」を越えて「あえて行きたい」をキーワードに、ランチをはじめ、夜の会食やお酒を楽しむシーンにも対応できる。

3階は、医療機能が揃うクリニックゾーンには、和歌山県内を中心に活躍中の専門医を集める。調剤機能も併設することで、快適に診療・治療を受けられる施設づくりを進める。その他にも、美容や健康をテーマにしたサービス店舗が集結する。

■建物概要
商業棟
構造:鉄骨造 地上3階・地下1階建
延床面積:約8600m2(賃貸面積約4100m2)
※地階:機械室等、1~3階:商業店舗、屋上:駐車場
ホテル棟
構造:鉄骨造、地上12階建
延床面積:約6000m2(賃貸面積約5100m2)
※1~3階:商業ゾーン、4~12階:(仮称)カンデオホテルズ和歌山
https://kino-wakayama.jp

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧