小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

渋谷パルコ/11月22日オープン、年間テナント取扱高200億円目指す

店舗/2019年08月20日

パルコは8月20日、改装中の「渋谷パルコ」を11月22日にグランドオープンすると発表した。

<渋谷パルコ>
渋谷パルコ

今回のリニューアルには約214億円を投資。国内外のファッションブランド、飲食店など192店舗をそろえ、年間テナント取扱高は約200億円を目指す。

オープン広告のクリエイティブディレクターは、LOEWE、Alexander McQUEENなどとのコラボレーションワークで知られるフランスのクリエイティブユニット「M/M(Paris)」(エムエムパリス)、フォトグラファーは、Miu Miu、Louis Vuittonなど広告キャンペーン撮影で知られるViviane Sassen(ヴィヴィアン・サッセン)を再起用した。

<メインビジュアル>
メインビジュアル

また、パルコが運営する編集型売場GEYSER PARCO(ガイザーパルコ)・PORT PARCO(ポートパルコ)の出店店舗が決定。GEYSER PARCOには初直営店3店舗を含む8店舗、PORT PARCOには初直営店1店舗を含む4店舗がオープンする。

パルコが内装・造作をプロデュースし、集合レジ・共通フィッティングなどを設け、出店しやすい環境を整え、次世代ファッションデザイナーやブランドのインキュベーションを目的としている。

GEYSER PARCOには、マスキュリンをベースに、エレガントかつナチュラルなエッセンスをプラスした「エリン」、厳選された素材とその美点を生かす服作りにこだわり抜く「Greed International Tokyo Store」、海外を中心に展開する東京ブランドFDMTLによるビルイン初出店店舗などがそろう。

PORT PARCOでは、clean&humorをコンセプトとするブランドsneeuwによるブランド初となるコンセプトストアが登場。2007年、渋谷パルコにオープンした直営第1号店「ミントデザインズ ガレージストア」が、新生渋谷パルコに再び復活する。

さらに、東京都より業務委託を受け、東京を中心に活動する意欲と才能あるデザイナーを支援するポップアップショップを2020年3月末まで展開していく。

■渋谷パルコ
所在地:東京都渋谷区宇田川町15-1
商業延床面積:約4万2000m2
階数:商業地下1階~地上9階、10階一部(ビル全体地下3階~地上19階)
年間テナント取扱高目標:約200億円
投資額:約214億円
営業時間:物販サービス10時~21時、飲食店11時~23時30分
店休日:不定休
店舗数:約192店舗
https://shibuya.parco.jp/teaser/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧