小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ダイエー/「イオンフードスタイル山科椥辻店」詳細発表

店舗/2019年12月03日

ダイエーは12月2日、京都市で6日に開業する商業施設「イオンタウン山科椥辻」に出店する「イオンフードスタイル山科椥辻店」の詳細を発表した。

<イオンフードスタイル山科椥辻店>
イオンフードスタイル山科椥辻店

1990年にダイエーグループに入り、2007年に同じくダイエーグループでスーパーマーケットを運営していたグルメシティ近畿と合併したヒカリ屋が1973年にオープンした店舗を建替えたもの。

45年に亘って営業し2018年11月に閉店した「グルメシティヒカリ屋山科店」の跡地への1年ぶりの再出店となる。

ヒカリ屋山科店からの利用客のほか、30~40代のファミリーを中心とした近隣住民の人々の健康的な暮らしを支える店舗を目指す。

京都市は全国屈指のパンの消費量を誇ることから、店内で焼き上げたベーカリーを約50品目展開。食事にもおやつにもぴったりの手頃な価格のパンに加え、「牛乳」「はちみつ」「バター」を使用し、生で食べてもしっとり耳まで柔らかいオリジナル生食パン「白金(プラチナ)」などのこだわりのパンを品ぞろえする。

<ベーカリーコーナー>
ベーカリーコーナー

北海道産の新鮮な生乳と生クリームを使用し、国産卵黄のコクとマダガスカル産バニラで香り豊かに仕上げた、イオングループのコンビニエンスストア「ミニストップ」の人気商品である「ソフトクリームバニラ」と、「ベルギーチョコソフト」「ベルギーチョコミックスソフト」の3種類を販売。同社のソフトクリームをダイエーで販売するのは、初の取り組みとなる。

イオングループの弁当・惣菜専門店「オリジン東秀」の商品を展開。「量り売り惣菜」「弁当」「手作りおにぎり」など計70品目を展開する。新鮮な本鮪や旬の魚種を使用するなど、具材の味・鮮度・価格にこだわった「魚屋の寿司」を約19品目展開。

<惣菜コーナー>
惣菜コーナー

約400品目の冷凍食品を展開。中でも京都府が全国でもトップクラスの消費量である餃子の展開を強化。徳用サイズからこだわり具材まで、約15品目の冷凍餃子を品ぞろえする。

パンやピザなどの惣菜をコーヒーやカフェラテとともにその場でくつろぎながら食べれるイートインコーナーを約80席用意した。

<イートインコーナー>
イートインコーナー

料理が楽しくなる売場を目指し、鮮度や産地のこだわった生鮮食品を充実させた。

食品の安全と品質を確保するための国際的なマネジメントシステムである「SQF(Safe Quality Food)」の認証を取得している農場で肥育したオリジナルの国産黒毛和牛「さつま姫牛」を約15品目を展開する。

島根産の生魚を販売する「島根のお魚市」を毎月10日、20日、30日に開催。

京都府産・滋賀県産の野菜(ほうれん草、水菜、青葱など)をコーナー展開。オープン時は椥辻周辺で収穫された葉物野菜(ほうれん草、青葱など)を販売する。

キッチンサポートコーナー「dai-docoro(ダイドコロ)」を導入。旬の食材を使用した料理やレシピの提案など、食に関する情報を発信する。

健康に配慮した売場では、カラダにやさしい食材やサービスをそろえた。えびやサーモンなどの人気の海鮮素材と野菜を組み合わせた「YASAI SUSHI」を展開する。

小麦や大麦などの穀物から生成されるタンパク質のひとつグルテンを含まない「グルテンフリー」食品を充実。カロリーや塩分に配慮した商品やオーガニック野菜なども販売する。

ダイエーは、首都圏と京阪神地域における事業エリアの拡大を目的に「おいしく食べて“ココロとカラダ”健康に」をコンセプトとする「イオンフードスタイル」店舗の積極的な出店を推進するという。

■イオンフードスタイル山科椥辻店
所在地:京都府京都市山科区椥辻草海道町15番1号
売場面積:522坪
営業時間:9時~21時50分

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧