メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオン/「イオンスタイル有明ガーデン」スマホで決済「レジゴー」導入

2020年03月23日店舗

イオンリテールは4月24日、東京都江東区に「イオンスタイル有明ガーデン」をオープンする。

<イオンスタイル有明ガーデン>
イオンスタイル有明ガーデン

同店は「有明ガーデン(東京都江東区)」の中核施設「住友不動産ショッピングシティ 有明ガーデン」1階に出店。総戸数約1500戸のタワーマンションが計画されており、その規模は2020年に1万5000人、2030年には3万8000人と30代~40代のファミリー層を中心に大幅な人口増加が見込まれている。

同エリア内にはホテルや劇場なども展開することから、住民だけでなく、国内外からの来訪も期待されている。

日常で必要な商品に加え、店舗から2㎞の豊洲市場から仕入れた鮮魚・野菜、ちょっぴり贅沢な「こだわり」の商品、イベント・観光需要を見据え、歩きながら片手で食べられるワンハンド商品を拡充した。

店内で購入した商品やできたての味をその場で楽しむイートインスペース「ここdeデリ」は約100席を設置する。

<「レジゴー」を都内で初めて導入>
「レジゴー」を都内で初めて導入
(イオンスタイル幕張ベイパークで撮影)

また、顧客が専用スマホで商品をスキャン、専用レジで会計をする「レジゴー」を都内で初めて導入。天井から設置する安全カメラを活用し、品揃えの改善、買物しやすい売場作り、レジの待ち時間短縮など、買物環境向上に向けた実証実験を行う。

<リワードキッチンプラス>
リワードキッチンプラス

売場は、素材にこだわった「デリ」「サラダ」「ごはん」をワンプレートで提供する「リワードキッチンプラス」を展開。栄養の偏りや野菜不足が気になる、ストレス社会で働く女性をターゲットに、「美と健康」、「トレンド素材」を取り入れたデリやサラダなどのご褒美メニューを提案する。

雑穀米などのグレインズやキヌア、ケール、アボカドなどの栄養価が高いと言われる食材を使用。6種類のメインディッシュと5種類のサラダ、5種類のサブメニュー、3種類のごはんの中から、各1品ずつ選択するでバランスのよい食事がかなう。

共働きや単身世帯の増加などを背景に、高まる惣菜需要に対し、「リワードキッチン」では「がんばった自分へのご褒美に、ちょっぴり贅沢なご馳走をお手軽に!」をコンセプトに、メインディッシュとなるハンバーグ、彩り豊かなサラダな
ど約30種類のメニューを対面方式で提供する。

できたての海鮮丼や握りたてのお鮨を提供する魚屋さんの海鮮丼ショップ「魚魚彩(ととさい)」、直営ステーキショップ「ガブリングステーキ」、イオングループのコンビニエンスストア「ミニストップ」の人気商品であるソフトクリームもそろう。

焼きたてパンの専門店「カンテボーレ」では、「きわみ 生食パン」が登場。ワンハンド商品として、4種類の食べやすい一口サイズのドーナツが入った「カップドーナツ」も用意した。

インバウンド需要を見据え、、東京の菓子、近年人気のナッツ・ドライフルーツ、紅茶などを品揃えするほか、酒コーナーでは専属ソムリエが好みのワインを提案する。

さらに、「おうちでイオン イオンネットスーパー」で購入した商品は、通常自宅へ直接配送だが、今回「イオン東雲店」のネットスーパーで注文した商品を、有明ガーデン施設内の「ミニストップ シティタワーズ東京ベイ店」での受け取りが可能となった。

■イオンスタイル有明ガーデン
所在地:東京都江東区有明2-1-8「住友不動産 ショッピングシティ 有明ガーデン」1階
売場面積:直営約2285m2
営業時間:8時~23時
休業日:年中無休
駐車台数:約1900台
駐輪台数:約1700台
交通アクセス: ゆりかもめ「有明駅」徒歩2分、 東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場駅」徒歩4分

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方