小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ダイエー/28日「イオンフードスタイル相模原」ダイエー跡地に出店

店舗/2020年05月25日

ダイエーは5月28日、神奈川県相模原市に「イオンフードスタイル相模原店」をオープンする。首都圏と京阪神地域における事業領域エリアの拡大を目的に、「おいしく食べて ココロとカラダ 健康に」をコンセプトとする業態「イオンフードスタイル」の積極的な新規出店と店舗の活性化を推進する一環。

<イオンフードスタイル相模原店>
イオンフードスタイル相模原店

「イオンフードスタイル相模原店」は2016年11月に一時営業終了した「ダイエー相模原店」の跡地に建設された15階建ての新築マンションの1階への再出店となる。JR横浜線「相模原駅」から徒歩5分に位置しており、1km商圏内の人口は約3万5000人、世帯数は約1万8000世帯で、年代別には30~40代が多いのが特徴。

1977年のオープン以来、約40年にわたり「ダイエー相模原店」を利用していたお客や、地域住民の日々の暮らしを支える店舗を目指す。

<青果売場イメージ>
青果売場イメージ

自宅や店内ですぐに食べられる商品を充実させ、「さつま姫牛牛めし」や「さつま姫牛むすび」など、ダイエーが自信をもっておすすめするオリジナル国産黒毛和牛「さつま姫牛」を使用したおいしい弁当・おにぎりを展開する。

<さつま姫牛牛めしのイメージ>
さつま姫牛牛めしのイメージ

アメリカ産牛肉の最高グレード「プライムビーフ」を使用した「ローストビーフ」を品ぞろえし、柔らかさにこだわった超うすぎりの商品や野菜と合わせサラダとして展開する。

新鮮な生本まぐろに拘った「生本まぐろづくし」や「生本まぐろ入り上にぎり」など、「魚屋の寿司」を18品目展開する。

店内で加工した「出し香るロースカツ重」と「トリプル海老天丼」の人気の丼を298円(本体価格)のお買い得価格で毎日提供する。

<ディーズベーカリーのイメージ>
ディーズベーカリーのイメージ

店内で焼き上げたベーカリーなど、約50品目の「ディーズベーカリー」を展開。食事にもおやつにもぴったりのドーナツや菓子パンに加え、「生クリーム」「はちみつ」「バター」を使用し、生で食べてもしっとり耳まで柔らかいオリジナル生食パン「白金(プラチナ)」などのこだわりのパンを品ぞろえする。

コーヒーとともにその場で楽しめる24席のイートインコーナーを設置した。ただし、新型コロナウイルスの影響を踏まえて、オープン時は当面イートインコーナーを閉鎖する。

■健康志向に対応する商品を充実

健康を意識した多品種の具材や季節ごとに旬の野菜を使用し、主食のおかずにもなるボリュームたっぷりの「ごちそうサラダ」を5品目展開する。

ビタミンEが豊富なアボカドや食物繊維が豊富な白きくらげなど、健康にこだわった具材を豊富に使用するとともに、トップバリュから発売している「お米のかわりに食べるブロッコリー」をお米に加えることで糖質の大幅カットを実現した「カラダキレイ美人ちらし」「カラダキレイ美人巻」など、ヘルス&ウエルネスをテーマにした野菜を食べる寿司を展開する。

トマトやバナナなどのお客さまの購買頻度の高い人気の野菜・果物をお買い得価格で提供。化学合成農薬や化学肥料を使用せず育てたオーガニック野菜をコーナー展開。

老化やフレイル防止として関心が高まっており、健康なカラダづくりに欠かせない「タンパク質」を気軽に摂取できるプロテイン飲料やギリシャヨーグルトを展開する。

こだわりの商品やメニュー提案を充実させ、旬のフルーツを使用したタルトやゼリーなど、オリジナルのスイーツ「D’s Dessert」を展開。店内手作り、ほどよい甘さでとろける食感、ほろ苦いカラメルがアクセントの毎日でも食べたくなる「ごほうびプリン」を新発売する。

キッチンサポートコーナー「dai-docoro」を導入。旬の食材を使用した料理やレシピの提案等、食に関する情報を発信する。

■イオンフードスタイル相模原店
所在地:神奈川県相模原市中央区相模原3-9-1
売場面積:968.59m2
営業時間:8時~23時

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧