小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ららぽーと立川立飛/音楽とフットボールの複合施設を新設

店舗/2020年06月09日

三井不動産は6月9日、東京都立川市の「三井ショッピングパークららぽーと立川立飛」の近接地「立川泉町計画」エリアにおいて、フットボールパーク施設「MIFA Football Park 立川(仮称)」を2020年8月にオープンすると発表した。

Mr.Children桜井和寿とGAKU-MCのユニット「ウカスカジー」が所属し、音楽とフットボールを通じてさまざまなコミュニケーションを創造する団体MIFA(ミーファ)と協力して運営する施設で、豊洲・仙台に続き3施設目となる。

<多摩モノレール「立飛」駅からのイメージ>
多摩モノレール「立飛」駅からのイメージ

「MIFA Football Park 立川(仮称)」は、音楽とフットボールを通して「心と笑顔が通い合う場所」を目指している。40m×60mのジュニアサイズのサッカーコート1面またはフットサルコート3面として利用可能なコートを完備しレンタルコートとして運営するほか、MIFA初となるサッカースクール「MIFA SOCCER SCHOOL」を開校する。

また、該当エリアには、「MIFA Football Park立川(仮称)」に加え、「TOHOシネマズ立川(仮)」のオープン(2020年9月10日)を予定しており、多種多様なコンテンツを通じて、多世代交流の発信拠点を目指す。

「MIFA Football Park 立川(仮称)」計画地に近接する「ららぽーと立川立飛」は、JR中央線「立川」駅から多摩モノレール線で2駅の「立飛」駅と接続ブリッジで直結された立川市最大級の大型商業施設で2015年12月に開業している。

MIFAとは「Music Interact Football for All」の意味で、Mr.Children桜井和寿とGAKU-MCのユニット「ウカスカジー」が所属し、音楽とフットボールを通じて、さまざまなコミュニケーションを創造することを目的とした団体。

これまで「MIFA Football Park豊洲」、「MIFA FootballPark 仙台」を運営している。

3施設目となる「MIFA Football Park 立川(仮称)」は、40m×60mのジュニアサイズのサッカーコート1面またはフットサルコート3面として利用可能なコートを展開。コートに隣接する形で専用のクラブハウスも設置し、ゆったりとした観覧スペースのほか、更衣室やキッズスペースも完備する。

「MIFA Football Park 立川(仮称)」の誕生によって、子どもから大人まで地域・世代・性別を超え、音楽とフットボールを通じたコミュニケーションが生まれ、また、人と人とがつながっていくことを通して、スポーツ振興、地域の活性化に寄与すると考えているという。

<配置図>
配置図

■立川泉町計画 全体概要
所在地:東京都立川市泉町935-1外
敷地面積:9918m2
交通:多摩モノレール線「立飛」駅徒歩 4分
施設用途:フットボールパーク施設、シネマコンプレックス
設計・施工:村中建設
デザイン監修:コスモスモア

■「MIFA Football Park 立川(仮称)」施設概要
事業者:MIFA
施設規模:フットボールエリア40m×60m
(ジュニア用サッカーコート1面またはフットサルコート3面)
フットボールパーク専用クラブハウス
利用時間・料金:未定
開業日:2020年8月(予定)
https://tachikawa.mifafootballpark.com/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧