流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





イオンリテール/「マスクショップ」340店舗で本格展開

2020年09月16日 15:30 / 店舗

イオンリテールは9月中旬、本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約340店舗にて、ライフスタイルや使用場面に合わせて選べるマスクと関連商品の集合売場「マスクショップ」を常設ショップとして本格展開する。

<マスクショップ>
マスクショップ

感染症予防としてマスク着用が常態化し、不織布マスクだけでなく、着用による息苦しさやムレを解消するものやファッションとして楽しめるもの、スポーツ時に着用できるものなど、マスク市場は拡大し続けている。

同社は今年7月下旬から展開を開始した、生活シーンに合わせて、楽しくマスクを選べる「マスクショップ」(最大175m2)を常設化する。

素材、機能、色、柄、子ども用から大人サイズまで約400種類、「耳が痛い」という悩みを解決する「マスクベルト」、「マスクケース」など約80種類がそろう。

手作り需要にも対応し、アレンジグッズ、手作りキットも約30種類用意した。

マスクは税別380円~2700円、関連商品280円~1280円、アレンジ商品180円~980円を想定している。

■WEB販売
https://aeonretail.com/list/mask/

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧