メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ビオセボン/「日本橋高島屋S.C.」に28号店オープン

2021年10月25日店舗

ビオセボン・ジャポンは12月17日、日本橋高島屋S.C.新館(東京都中央区)に、有機食品専門店「ビオセボン 日本橋高島屋S.C.店」をオープンする。28号目の店舗となる。

<ビオセボンの商品(イメージ)>
1025bioc1 - ビオセボン/「日本橋高島屋S.C.」に28号店オープン
新店では、日本橋がオフィスワーカーが多いことと、近年は近隣に住む人が増えていることから、夕飯の材料に選べるヘルシーで手頃な食材や、会社帰りに家での晩酌のおともとして、そのまま食べることができる惣菜・つまみなどを用意する。

同店では、注目商品として、12月末発売予定の「クスミティー チャイ オブ ザ タイガー」(100g、税込3888円)、11月30日発売の「ヴァンヴリット ハンマー付きオーガニックチョコレートタブレット」(160g、ストロベリー:1944円、ホワイト:2700円)なども提供する。

<クスミティー チャイ オブ ザ タイガー>
1025bioc2 - ビオセボン/「日本橋高島屋S.C.」に28号店オープン
「クスミティー チャイ オブ ザ タイガー」は、オーガニックでエシカルな茶園で有名な「ティアショラ農園」の茶葉をベースに、香り高いスパイスをぜいたくにブレンドしチャイに仕上げている。

<ヴァンヴリット ハンマー付きオーガニックチョコレートタブレット>
1025bioc3 - ビオセボン/「日本橋高島屋S.C.」に28号店オープン
「ヴァンヴリット ハンマー付きオーガニックチョコレートタブレット」は、明るくやわらかな色合いのチョコレートにフルーツの断面が美しく映えるタブレット。国内初の有機JAS認証取得のミルクチョコレートを使用したヴァンヴリットのスペシャルエディションになる。数量限定で販売する。

また、クリスマス向けで12月24日~25日に、店舗限定商品「秋川牧園 3種のハーブ香る丸どり(1羽)」(調理前の重さで約2.2㎏、4299円)を数量限定で売り出す。

<秋川牧園 3種のハーブ香る丸どり(1羽)>
1025bioc4 - ビオセボン/「日本橋高島屋S.C.」に28号店オープン
「3種のハーブ香る丸どり」では、ストレスの少ない広々とした環境で育てた鶏肉を、独自にブレンドしたハーブソルトで味付けをして、香りが高くジューシーに焼き上げた。

そのほか、植物性の原材料のみで作ったケーキや、米本来のやさしい味わいが楽しめる米粉のケーキなども用意する。

<HAPPY BAG(イメージ)>
1025bioc5 - ビオセボン/「日本橋高島屋S.C.」に28号店オープン
さらに、オープン記念として「HAPPY BAG」(3240円)を数量限定で販売する。オーガニック植物性ミルク「イソラビオ」をはじめ、塗る野菜「『ズヴェルゲンヴィーゼ』ヴィーガンスプレッド」、ティーブランド「JUST T」のフレーバーティーなど14点のアイテムを入れた。

ビオセボンは、フランス発のオーガニックスーパーで、独自の品ぞろえにこだわり、新鮮な有機野菜や、ヨーロッパ各国から直輸入した菓子やチーズ、パスタ類を並べ、店内の棚を一巡すれば世界を旅した気分が味わえる楽しい買い物時間を幅広い年代の顧客に提供する。

日本橋高島屋S.C.店では、江戸時代から続く老舗が軒を連ねる一方で、常に変革を続けている、商業の街の日本橋で、これからの新しいライフスタイル「日常使いのオーガニック」を届けるとしている。

■ビオセボン 日本橋高島屋S.C.店
所在地:東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋高島屋S.C.新館地下1階
営業時間:10時30分~21時
売場面積:約121.5m2
駐車場:有(日本橋高島屋S.C.提携駐車場を利用)
駐輪場:有(日本橋高島屋S.C.提携駐輪場を利用)
イートインスペース:無
コーヒーマシン:有

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方